FC2ブログ

記事一覧

PTSDについて一般的見解及び当研究室の見解

●PTSDとは

PTSDの一般的見解
PTSDとは外傷後ストレス障害(PostTraumatic Stress Disorder)の略語です。

生死にかかわるような実際の危険にあったり、死傷の現場を目撃したりするなどの体験によって強い恐怖を感じ、それが記憶に残ってこころの傷(トラウマ)となり、何度も思い出されて当時と同じような恐怖を感じ続けるという病気です。
こうした体験の後では、誰しもが、繰り返しそのことを思い出したり、恐怖を感じたりするものですが、普通は数週間のうちに恐怖が薄れ、記憶が整理されて、その体験が過去のものとして認識されるようになります。PTSDでは、トラウマの記憶が1カ月以上にわたって想起され続け、下に述べるような症状をともなっており、また生活面でも重大な影響を引き起こしていることが特徴です。
PTSDという呼び方は、1980年の米国の精神医学会の診断基準で初めて用いられたもので、それまでの精神医学では外傷神経症、災害神経症などと呼ばれてきました。日本でこの病気が注目されるようになったのは、阪神・淡路大震災や地下鉄サリン事件がきっかけですが、実際にはこのような大規模な災害、犯罪だけではなく、交通事故、単独の犯罪被害、DV(家庭内暴力)、虐待などによっても生じています。
わが国でも近年、PTSDの診断と治療に関する知識は急速に普及してきました。厚生労働省や国立精神・神経センター精神保健研究所による研修事業を通じて、多くの医療者がPTSDやトラウマについての知識を身につけ、また多くの専門書籍でも取り上げられています。後述する持続エクスポージャー療法のような効果的な治療を実施できる治療施設の数もまだ十分とはいえませんが、精神医療全体におけるPTSDへの取り組みは着実に進歩しているといえます。
なお、PTSDを発症した人の半数以上がうつ病、不安障害などを合併しています。また、人によってはアルコールの問題や摂食障害を合併することもあります。PTSDに注目し、治療を受けることは、こうした多くの精神疾患を治療、あるいは予防することにもつながります。


★当研究室のPTSDの見解
PTSDとは過去のトラウマです。
過去のトラウマとは未解決の感情です。



●一般的見解の症状


PTSDになったからといって、いつでも不安になっているとか、暗い表情を浮かべているわけではありません。多くの人はできるだけトラウマを忘れようとし、無理をしてでも明るく振る舞おうとしています。

しかし急に涙ぐんだり、恐怖がこみ上げてきたり、あるいはぼんやりとして話が耳に入らないということがあります。落ち着きがなくなったり、些細なことで怒ってしまったりということもあります。
本人の内心では「忘れていよう」と思っていても、ふとした拍子に体験のつらい記憶が突然思い出されたり、その時の光景がありありと浮かんできたりします。また、体験を思い出させるきっかけに触れた時に急に思い出したり、不安定になったりします。これを「再体験症状」と呼びます。
周りの人から見ると、そのようなきっかけが理解できないので、不思議に思われることも少なくありません。子どもの場合には、被害の遊びを何度も繰り返したり、絵に描いたりしますが、子どもの多くはこうした遊びを通じて回復していくので、周囲の大人は落ち着いて見守ることが大切です。 また、常にトラウマの記憶が思い出されることを恐れているので、緊張が続き、取り乱したり、注意が散漫になったりしがちです。つらい記憶を忘れるために、急にぼんやりとしたり、自分の体の感覚がなくなっていったりすることもあります。周囲の人々と一見普通に話していても、目に見えない膜が一枚挟まっているようだと感じられます。 PTSDになると、自分への自信や周囲への信頼を失ってしまいます。また、将来についていろいろと思い描くことができず、自分には将来があるのだろうかとか、寿命が短くなったのではないかと感じることもあります。
被害の中には、自然災害のように周囲からの理解が得られやすいものもありますが、性被害や虐待、DVなどは、被害にあったこと自体を人に知られることが恥ずかしかったり、自分に落ち度があると思い込んだりすることが多くみられます。それだけではなく、心ない人々からからかわれたり、近親者から逆に不注意を叱られたりすることもあります。こうしたことが重なって、ますます自信をなくし、自分には何もできないとか、誰にも理解してもらえないとか、世界のどこに行ってもいつまた被害にあうかわからないといった考えになりがちです。これらを「否定的な認知」と呼ぶこともあります。


当研究室の見解
不安感、恐怖感、喪失感、悲しみ、怒り、不満、
自分自身への嫌悪感や罪悪感、自責、などネガティブな感情が、自己保存的に現れた姿であり、ある一定の状況によってその方特有のパターン的な行動や言葉、思考、考え方、人生などがある。
心の傷も未解決の感情であり強弱は自らの心が作ります。ネガティブな未解決の感情を本人が認識抑圧した場合には、心理的に現れる場合と身体的症状として現れた場合がある。
また、他との人間関係で現れる場合もあります。
つまり、心理的の場合、身体的の場合、他の人間関係の場合の三種類です。

根本的原因は突き詰めれば未解決のネガティブな感情です。それを解消する事が重要であり、当研究室が最も得意な専門分野であります。

当研究室の現在の研究テーマは、PTSD(トラウマ)を解消できるかどうかではなく、もっと簡単に、もっとスピーディーに、誰でも自宅でカウンセラーに頼らないでできる手法の研究が課題です。
現在、技法によりあなたご自身で15分~30分で消す技法を開発(その技法は人数限定で販売中)しましたが、時間は命ですから、もっとスピーディーにそれ以外の方法がないかを研究してます。






PTSDの人数や比率及びPTSDの成功率
世界保健機構(World Health Organization;WHO)による世界精神保健調査によるわが国での住民データによれば、一生のうちにPTSDになる人は、1.1~1.6%ですが、20代から30代前半では3.0~4.1%となっています。

ある企業の勤労者を対象とした調査では、1,000人余りの男性回答者のうち、過去にPTSDがあった人が1.3%、現在もPTSDだった人は0.2%でした。 米国でのKesslerらの調査では、人口の8%程度にPTSDが発症するとされています。同じ調査では、PTSDを生じるような危険な体験をする率は、男性で60.7%、女性で51.2%です。しかし、そうした体験をした人のうちでPTSDになるのは、男性で8.1%、女性で20.4%にすぎません。PTSDの発症率は、体験の種類によっても影響を受けます。自然災害では被災者の3%程度ですが、戦闘では半数弱、レイプでは60%程度になります。 災害の場合には、被害の軽い被災者がいることと、被害を人に言いやすく援助を受けやすいために、数字が低くなっていると思われます。これに対して戦闘やレイプは、全員がある程度以上の被害を受けていること、またレイプの場合には被害を人に言うことが難しく、必要な支援を受けにくいことが影響していると思われます。さらに、同じ被害を受けても女性のほうがPTSDを発症しやすいことが指摘されていますので、レイプの場合にはそのような事情も関与していると考えられます。 ただし、これらの数字はPTSDを発症する人の割合です。「予後」の項目でも述べますが、そのすべてが慢性化するわけではなく、少なくとも数カ月間は6~7割の人に自然回復が期待できます。 WHOの予測では、PTSDは今後、劇的に増加することが示唆されています。交通事故、戦争による負傷、およびそのほかの暴力によって引き起こされるPTSDは、将来、全世界の障害原因の上位12位に入ると予想されています)
心療内科や精神科に、もし1年間通っても何ら進展が全くないならば、成功率は0%になります。心療内科の薬で通う前より10%悪化してたら場合は成功率は-10%になります。1年間は時間と人生の無駄になります。引きこもりは平均7年なので7年間の無駄遣いになります。
成功率はそれぞれの心療内科や精神科或いは医療系の力に依存します。期間も1年ではなく10年経っても変わらない方々もいます。




当研究室の見解と成功率
過去のトラウマは全員がなんらかのトラウマを持っている。
一般的に数個以上のトラウマを抱えており、それを感じないように抑圧している場合と現れてる場合がある。
しかし、トラウマのその強い弱いは人それぞれ。
そのトラウマは解消しない限り、いずれ時間の問題で現れる。自動的になにもしないで時間経過のみで解消はできないので、早めの解消を強く推奨してます。解消しない限り苦難困難は人生のいずれかで歩んでる内に引き寄せる(これは法則)
尚、PTSDの現れ方のパターンはその人の状況により変化していきます

当研究室のプロのカウンセリングを受けるか、或いはご自身で技法などを用いて処理する。

当研究室のブロのカウンセリングで、何度もトラウマの解消に成功しており、そのマニュアルがあるので簡単に解消する支援が可能。
カウンセリングではなく、本人自身が一人で解消したい場合はその技法を教えてますので、それを使用して解消することも可能です

当研究室の成功率は、二重三重でいろんな技法でトラウマを解消支援をする事も可能なので、その成功率は約9割以上です。平均時間は約2~3日以内。

ありとあらゆる全てのトラウマを引き受けます。
※電話にて簡単な面接を行い心の問題なのか判断し、内容によりお断りする場合もあります。

クライアントご自身で技法を使いたい場合、或いはカウンセリング希望の場合の、申込みの予約は下記へご連絡ください

20180723142118f44.jpg


対象者
日本語が理解でき日本語が読める方(外国人でもOK)

対面でのカウンセリングは沖縄本島内の方限定。
技法の提供は日本国内の方は誰でも購入可能です。
電話カウンセリングは、
本土の方の限定で予約申込も承っております。
※対面カウンセリングでは可能ですが、電話カウンセリングでは使わない技法も一部あります。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

オープンハート研究室

Author:オープンハート研究室
オープンハート研究室の使命

・心と身体の研究
・心と身体の健康
・潜在意識と表面意識の研究
・心理カウンセリング技法の開発
・カウンセリング支援
・実践カウンセラーを目指す方への教育
・自衛隊・海上保安官・警察官・教育関係機関へのボランティア支援
・災害時のトラウマ解消支援
・その他 ボランティア活動


成功率約9割ですから他のカウンセリングと一線を画しています
その方に応じた技法・手法でカウンセリングします

「他のカウンセリングで30分とか1時間とかのような短時間でカウンセリングを受けたことがあります。何も変わりません」とか
「話を聞いてもらえたのでその時は気分は悪くないのですが、翌日は今までと同じ症状」とかクライアント様より訴えがありますが、
1時間のカウンセリングでは出来事の把握や友達同士の会話とほとんど変わらないでしょう。

カウンセリングでは、問題の発見、本質や解消は1時間では無理です。
しかし、クライアントは慣れてないので、僅か1時間のカウンセリングでも、その前日から緊張したり、準備から、、、帰宅するだけでも時間もエネルギーも使います。またたった1時間、2時間では「前回どこまで話したのかな?今日はどんな話をするのか?」
などカウンセリング受けても苦痛で遅々と進まなかったそうです

また、
「いつまで通う必要があるのか?毎回5千円のカウンセリングでも厳しい、どうしたらいいのか?」
「これまでお金を使ってヒーリングや遠隔、占い、催眠、カウンセリング、いろいろ試しましたが変わりません」
「本当に治るのかしら?怪しいところではないのか?」
「信頼できるのか?どんな資格を持ってる先生なのか?騙されるのでは?悪くなるのでは?どんな方法で?」、、、、、、
現在の悩みだけでなく、そのカウンセリングを受ける不安感、或は電話する以前に不安で電話すらできない方々と少なくないでしょう。


当研究室では、平均2日~3日前後の集中カウンセリングで問題の発見から正体を見破り、或は集中して右脳を使い一気に解消してきました。ですから、約9割の成功率ですからご安心ください。手法はその方の悩みや話をお聴きしながら必要な手法や技法を使います。大切なことはどのような資格や技法、手法であろうと、悩んでる苦しみを解消してあげれなければお金や時間の無駄です。

カウンセラーの肩書や名誉など重要なことではありません。大切なのは『結果』なのです。
『結果」が全てです。
『結果』が今より楽になりより自由な人生を歩めるようにしてあげることであり、苦しみの縛りを解いて解消する支援であり、

真のカウンセラーは私心を捨てて全身全霊で、任務遂行に徹すべきなのです。
そして必ず縁ある方を引き受けたからには良くするんだという使命感が重要です。
当研究室では日々に任務遂行であり、使命感のみが精神の中心にあり、不惜身命であります。
たとえ、世間がカラオケやお酒、ギャンブルなど娯楽など人生を楽しんでいても、そのような任務遂行と関係ないものは斬って捨てて諦めることと考えます。自制心を強化して、勇気ある行動できるカウンセラーであるべきと考えます


カウンセリングの任務
今ある悪質な縛りや固定観念、、などを解消する支援を行い
より自由ある人生
より希望を
より行動できる人生
より健康な人生へを

最新コメント