FC2ブログ

記事一覧

人生の限界と希望

沖縄 やんばるアートフェスティバル 2018年・2019年 開催中
よしもとエンターテイメント沖縄
共催
大宜味村、島ぜんぶでおーきな祭
YouTube映像↓
家電製品で造られた楽器がいきなり鳴り出した


教室が蜘蛛の巣に占領?


15454623750.jpeg

大物釣り成果 あの幻の【やんばるオオゴミウオ】
海のゴミから産まれたオオゴミウオ←名前が素晴らしい

15455748110.jpeg


大宜味村の塩屋小学校(廃校)をメイン会場に
その他の下記の会場でも2019年1月20日まで開催されてます。入場無料

◯大宜味村の旧喜如嘉小学校
(大宜味村喜如嘉2083)
◯大宜味村立芭蕉布会館
◯オクマプライベートビーチ&リゾート(国頭村奥間913)
◯オキナワマリオットリゾート&スパ
名護市喜瀬1490-1
◯カヌチャリゾート
◯名護市民会館前アグー像

15454624180.jpeg

15454626040.jpeg

あのバーチャルなんとかってVR体験してきました。写真の2つを手に手袋のようにつけるとリアルな手首だけど両手が現れ、自分が動かした通りに動きます。背中にもVRを背負います。
エレベーターが超高層ビルの最上階まであがり、扉が開くと、風がビュービュー吹いてるビルの屋上を歩いて進みます。リアルな映像過ぎて、足下がフラフラしながら歩いて、、、ビルの真下はどうなってるのか見てみると落ちそうになった映像が、、、赤い🎈風船を取りに向かうのですが、、

あーあ、こんなにリアルな感じだと、もしかしたら、忙しいサラリーマン家庭だとVRで旅行は家庭でできるようになる?

VR家族やVRの子供で心は傷がつかないので引きこもりが加速する未来?

おそらく未来は、AIから産まれた人間と肉体の人間との差別が生じて、AI人間が肉体人間と間で新しい紛争が、、、

このような事を考えながら次の作品を見に向かいました(笑)


20181222165313c11.jpg

結構、各教室には怖い感じの絵が多かった気がします。

やんばるアートフェスティバル

インパクトのある3つ目の病んでる系の絵も一度見ると忘れなれない絵でしたね


誰でも人生に苦難困難は訪れますよね。


もし子供の時に家庭環境が悪かった場合は、人生の限界が訪れる方々も少なくないかと思います。

「この苦しみが(闇が)いつまで続くのだろう?」「もう限界!これ以上は無理!」
「死にたい」、、

人生の限界の状況の時もあるはずですし、まさに現在がそうだという方もいるはずです。

人生の限界の理由の一つに苦しんでる本人からすると「希望がない」状況かと思うのです。

或いは現在の苦しみが「ずっと続く」という気持ちに思ってる方からするとどうしても人生の限界の気持ちになりやすくなります。


しかし、別の人(例えばカウンセラー)からすると直ぐに解決できる、或いはしばらくすると解消できる問題なので『この問題は解消できる大丈夫な問題』と思うので人生の限界にはならないのですね。認識力をあげると簡単に片付く場合もあります。

しかし、人生の限界の最も重要な事は『希望がみえる』『明るい未来』が訪れる事を認識出来るかどうか?
或いは

現在は苦しみの環境で実際に苦しいとしても、『希望がみえてきた(希望をみる)』又は 『明るい未来』の気持ちになれるかどうかと思うわけです。


希望があると人間は苦しくても頑張れるのですが、もし、現在の苦しみが「いつまでも続く」と思うと死にたくなったり、人生の限界がきて頑張れなくなる気持ちになるでしょう


それだけ『希望』というのは人生で重要な要素なのです。

うつでも治るのですが、もし本人が治らないと思うならは自殺したくなるのも当然です。
死にたいわけではなくとも、「死んだほうが良い」と思うくらい苦しいのです。


オリンピック選手は四年後の僅か10秒の100メートル短距離競争の為に努力に努力を重ねて忍耐に忍耐を重ねて練習するはずですが、その苦しさを耐えれるのは『希望』があるからです。本人は『希望』ではなく、「金メダルの目標」としてる場合でも、やはり希望は存在してます。何らかの希望があるのです。

だから忍耐でしるのでしょう。


もし、現在に希望がない場合は、自分自身で『希望を探す』或いは誰かに『希望を与えて貰う』事です。


『希望を与えて貰う』場合は、その苦しみの脱出方法をを知ってる認識力の高い方から頂く事も可能でしょう。

「私は苦しんでる希望がないのですが、人生の限界が来てるのですが、これ以上頑張らないので、何か希望はありますか?」という言い方をして希望を探す行動が必要です。

この行動を『希望を探す為に人生を歩む』とよんでも良いでしょう


もし、学生の場合は自分でも発見できない場合、そして、周りに誰も希望を与えてくれそうにない場合は、簡単に希望は得られませんので、

『希望を探す為に人生を歩む』為に努力してください。努力してると必ず希望を与える人に会えるでしょう。


もし、数年探しても見つからないならば、その苦しみは偶然ではなく必然的な苦しみか与えられてる可能性があります。

その場合はその苦しみや辛さを解消するためにあなた自身が自ら研究して、忍耐して、努力して、『苦しみからの脱出方法』を発見しなさい。造り出してくださいという使命が天命として与えらたのでしょう。


それだけその苦しみに耐えれるだけのあなただから、また、それだけ苦しみを解消できる潜在力が秘められてるので、あなた自身が解消できる方法を発見して、そして、その発見した方法を同じ苦しみを味わってる人々に与えなさいという使命かあるのだと思うことです。


そう思う事そのものが一つの『希望』になり得るのです。

小学生の苦しみは、高校生からしたら簡単に片付く問題であります。それだけ認識力の差があるのです。


大人の問題でも、別のもっと高い認識力のある方からすると、5秒から5分の問題かもしれません。

例えばこれ以上身体が痛くて動けない人でも、別のプロの整体師からしたら、「では、ここにうつ伏せに寝てください。今から腰をゆらゆらと5分ほど揺らしますね」「あなたのここを指で筋力を今から緩めますのでいいですか?」と5秒で動けるようにしてくれるプロもいるでしょう。

そのような『希望』を与える人を探すべく
『希望を探す為に人生を歩む』

又はあなたがその研究をして、あなたそのものが希望の人となるべく歩む。


希望が見えてくると状況は同じでも、希望が見えてくるだけで、その思念そのものが、状況を変化させて明るくさせる力があるのです。

それが『希望の力』です。

希望は明るく照らす太陽のようです
希望はあなたを暖かくしてくれます
希望は愛から始まるでしょう


沖縄では、【やんばるアートフェスティバル 2018年】が開催中です。


神奈川県から素敵な写真を販売してる女性は、大宜味村に来れた事が嬉しいと喜んでいました。
miyu.H

わざわざ飛行機賃やホテル代金など費用を掛けてまでイベントに参加してくれて本当にありがたいですね。


疲れたとき、限界の時、やんばるアートフェスティバルに行ってみてください。右脳が活性化されたり、違う環境を体験することで、創造した芸術を見ることで癒しが始まります。


少しでも楽になるだけでも、その良い状態になったときを足がががりにして、さらに一歩新しい行動を進めることです。

人生には失敗は付き物ですが、行動して失敗体験そのものが成長なのです。その失敗体験での成長は、行動しないで失敗しない自分よりも一歩階段を上がってる事は間違いありません。


失敗体験でより高い認識力を得て、貴重な失敗体験を得て、心は大きくなってるのです。


「どう生きるか?」という考え方もありますが、『いかに死ぬか?』と言う考え方もあります。

死ぬオススメでは決してありません。
ここで言う『いかに死ぬか』とは、あなたは『どれだけの事を成し遂げたら納得して死ねるのか?』

あなたは『どれだけの事を縁ある方々に良い影響を与えることができたら満足して死ねるのか?』と言う意味です。


以前、知り合いで中東から命を狙われ殺されそうになってる方がいて、その方からすると本当に死ぬ可能性があるので、次の日の朝に生きてるだけでも奇跡です。生き残れる事が希望です。

うつの方は「死にたい」という「死ねる環境」に恵まれてるから「死にたい」と思えるのですね。
「殺されるか生き残れるか」の方からするとそなように思わないでも『生きようとする意欲』がなければ殺されるのが高くなるのです。
北朝鮮でも「いつでも死ねる環境」ではなく、『そのままでは死んでしまう』環境なので、自殺の意図とかかわりなく死と隣り合わせなのです。

犬も鳥も最後の死期の時は死を恐れず受け入れてます。自殺はしません。

話が多少それました。


この【人生の限界と希望】の一つとして、
オープンハート研究室は、あなたの希望になりたい

それは、ほとんどの苦しみが感情の問題なのです。

ほとんどの苦しみが過去のトラウマからの影響なのです。


ほとんどの苦しみは
①「恐怖感/見捨てられる恐怖感/自己否定の恐怖感」
②「悲しみ/喪失感/失恋」
③「怒り、不満/自分への怒り/自責/罪悪感/」

などの3つです。それは、トラウマです。

または

過去の未解決の感情であり、あなたが認識してない問題です。


それをプロのカウンセラーは、簡単にトラウマを解消する技法を知ってるのです。

つまり、苦しみを解消する支援が可能なのです。

苦しみから解放されることが【希望】そのものです


苦しみから解放されると【より自由】と【より穏やかな心】が現れます。


それは集中カウセリングで可能です。


集中カウセリングはあなたの希望です。
オープンハート研究室はあなたの希望になりたい

呉屋はあなたが集中カウセリングを受けてより自由で解放された人生を歩むことが希望です。

集中カウセリング後の終了後には以前のあなたとは違うあなたになってるのです。それはこれまで苦しんだ嫌な感情が消えて、より穏やかでより自由なあなたになれるのです。

しかも、成功率は約9割という超高い成功率です。
理由は成功するとこちらで判断した方のみを予約受付してるからです。

僅か2日から3日前後には違うあなたになつまてるのです。人は変われるのです。

希望はここにあります。↓いろいろ電話をかける不安もあるかと思いますが、一歩の勇気を出してお電話ください
ありがとうございます
2018112617072028b.jpg

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

オープンハート研究室

Author:オープンハート研究室
オープンハート研究室の使命

・心と身体の研究
・心と身体の健康
・潜在意識と表面意識の研究
・心理カウンセリング技法の開発
・カウンセリング支援
・実践カウンセラーを目指す方への教育
・自衛隊・海上保安官・警察官・教育関係機関へのボランティア支援
・災害時のトラウマ解消支援
・その他 ボランティア活動
プロフィール・料金

成功率約9割ですから他のカウンセリングと一線を画しています
その方に応じた技法・手法でカウンセリングします

「他のカウンセリングで30分とか1時間とかのような短時間でカウンセリングを受けたことがあります。何も変わりません」とか
「話を聞いてもらえたのでその時は気分は悪くないのですが、翌日は今までと同じ症状」とかクライアント様より訴えがありますが、
1時間のカウンセリングでは出来事の把握や友達同士の会話とほとんど変わらないでしょう。

カウンセリングでは、問題の発見、本質や解消は1時間では無理です。
しかし、クライアントは慣れてないので、僅か1時間のカウンセリングでも、その前日から緊張したり、準備から、、、帰宅するだけでも時間もエネルギーも使います。またたった1時間、2時間では「前回どこまで話したのかな?今日はどんな話をするのか?」
などカウンセリング受けても苦痛で遅々と進まなかったそうです

また、
「いつまで通う必要があるのか?毎回5千円のカウンセリングでも厳しい、どうしたらいいのか?」
「これまでお金を使ってヒーリングや遠隔、占い、催眠、カウンセリング、いろいろ試しましたが変わりません」
「本当に治るのかしら?怪しいところではないのか?」
「信頼できるのか?どんな資格を持ってる先生なのか?騙されるのでは?悪くなるのでは?どんな方法で?」、、、、、、
現在の悩みだけでなく、そのカウンセリングを受ける不安感、或は電話する以前に不安で電話すらできない方々と少なくないでしょう。


当研究室では、平均2日~3日前後の集中カウンセリングで問題の発見から正体を見破り、或は集中して右脳を使い一気に解消してきました。ですから、約9割の成功率ですからご安心ください。手法はその方の悩みや話をお聴きしながら必要な手法や技法を使います。大切なことはどのような資格や技法、手法であろうと、悩んでる苦しみを解消してあげれなければお金や時間の無駄です。

カウンセラーの肩書や名誉など重要なことではありません。大切なのは『結果』なのです。
『結果」が全てです。
『結果』が今より楽になりより自由な人生を歩めるようにしてあげることであり、苦しみの縛りを解いて解消する支援であり、

真のカウンセラーは私心を捨てて全身全霊で、任務遂行に徹すべきなのです。
そして必ず縁ある方を引き受けたからには良くするんだという使命感が重要です。
当研究室では日々に任務遂行であり、使命感のみが精神の中心にあり、不惜身命であります。
たとえ、世間がカラオケやお酒、ギャンブルなど娯楽など人生を楽しんでいても、そのような任務遂行と関係ないものは斬って捨てて諦めることと考えます。自制心を強化して、勇気ある行動できるカウンセラーであるべきと考えます。根底には愛です。多くの家庭問題には愛情不足等かあります。愛は全てを癒します。

オープンハート研究室
カウンセリングの任務
今ある悪質な縛りや固定観念、、などを解消する支援を行い
より自由ある人生
より希望を
より行動できる人生
より健康な人生へを

最新コメント