オープンハート研究室

心と身体の研究・心と身体の健康・潜在意識と表面意識の研究・心理カウンセリング技法の開発・カウンセリング支援・実践カウンセラーを目指す方への指導

0

研究室ニュース


昨日のヤフーニュース

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190802-00000042-tospoweb-ent

「ネプチューン」の名倉潤さんが頸椎の手術後にうつ病を発症したため、約2か月間休養すると所属事務所が1日、発表した。

 頸椎椎間板ヘルニアを患った名倉は、昨年6月末に手術を受け、10日間休養。その後復帰し、テレビでは元気な姿を見せていた。

 だが「手術の経過は良好な一方で、手術の侵襲という普段の生活圏にはないストレスが要因でうつ病を発症し、一定期間の休養が必要という医師の診断により、2019年8月1日から2ヶ月間ほど、再度休養させていただくこととなりました」と書面で報告。


以上は転載

ほとんどのニュースで名倉さんがうつになった原因を「ストレスが要因でうつ病を発症した」と報道してるようです。


他にも
https://news.yahoo.co.jp/byline/umiharajunko/20190803-00136843/

↑海原って教授は日本初の女性クリニックを開設。2007年厚生労働省健康大使(~2017年)。2008-2010年、ハーバード大学大学院ヘルスコミュニケーション研究室客員研究員。2013年より日本医科大学医学教育センター特任教授。2018年昭和女子大学特命教授。復興庁心の健康サポート事業統括責任者(~2014年)。被災地調査論文で2016年日本ストレス学会賞受賞。日本生活習慣病予防協会理事

上記のような学歴の持ち主ですがうつ病を侵襲のせいにしてます
教授や心療内科医はこんなレベルでは教え子も似た者同士でしょう(笑)


オープンハートニュースをお伝えしますね


2019年8月2日(金)
名倉潤「ネプチューン」の名倉潤さんが頸椎椎間板ヘルニアとレッテルを貼られて、整体の治せる手技は持ち合わせてないので、手術でしか治すことは不可能と医師に判断されてやむを得ず手術を受けた名倉さんは、抗生物質を投与されてうつ病にまで悪化させられ仕事を休養せざるを得ない事になった。うつ病の原因は薬物の可能性がある。抗生物質の危険性があるので、何でもかんでも抗生物質を投与する医師に気をつけてください。
人によってはリーキーガット系の危険性があります。

ヘルニアとか治せる整体師はたくさんいるであろうし、今後もどんどん増えてくるだろうね
つまり、リーキーガットの心配も不要で、うつ病もになる必要なく、ヘルニアそのものを治せる整体師に行けば良いのです。



ウェザーニュース
https://weathernews.jp/s/topics/201908/020095/yn.html

今日2日(金)も日本列島は朝から厳しい暑さです。

11時の段階で最も高い愛媛県大洲で36.0℃、栃木県佐野や岐阜県多治見で35.5℃、京都で35.1℃などすでに9地点が猛暑日になっています。
午後にかけて広い範囲で危険な暑さに注意

午後にかけては広い範囲で35℃を超える猛暑日となり、大阪や岐阜、熊本で38℃、岡山や高松、名古屋、福島で37℃など体温を超える危険な暑さの所も多くなりそうです。



日が沈んだあとも油断が出来ませんので、しっかりと熱中症対策を行ってください。

転載以上



オープンハート研究室ニュース

気温が体温を上回る命に関わる危険な暑さです。
熱中症対策として水分の補給に気をつけてくださいとの単純な報道に気をつけてください


水分をどれだけ補給しても気温が体温を上回る暑さだと水分補給だけでは36・5度を越える気温では間に合いません。

危ないと思った場合は緊急的に熱中症予防に、
冷凍パック等で身体を冷やしてください。
外出先で何も持ってない場合は、
自動販売機で缶ジュースを数本買って、それを脇の下2ヶ所に挟んで、両手に冷たい缶を持って首や両足太ももの付け根を冷やしたりしてください。
熱中症になりかけてたらさらに自動販売機から水を4~5本買って、頭からゆっくり水を掛けてください。冷たい水も飲んでください。
日陰でも気温が体温に近い暑さなら日陰でも危険であると認識してください。

頭から水をかける事に抵抗がある方は熱中症を覚悟して内臓が熱中症で破壊される可能性を覚悟してください

選択は自由ですが、道に倒れた場合の方が頭から水をかけるよりも嫌なら、やはり洋服も水浸しになったとしても頭から冷たい水を掛けてください。

倒れてた人を見かけた上記の事を自分なら相手にします。

因みにハッカ入りのスプレーでは冷えた風であっても冷えてません。ハッカは麻痺させる効果しかありません(笑)


建築業や土木業と炎天下で働く方は、氷水を頭からぶっかけてから仕事したり、氷水の桶を作って、上にビニールシートみたいな水に濡れない工夫をして、その上に身体を冷やしたりして、熱中症予防する事をおすすめします


以上


世の中には世間体や立場や安っぽいプライドを重視し、命よりも優先にする方々が多数います、

熱中症でも頭に水を掛けたら服が濡れる事を気にして命を危険にさらすことを優先にする方々がいます。

また、自分自身の心が壊れかけて苦しんでいても、わずか12万余りのカウンセリング料金を出し渋って、車に50万~100万には出し惜しみしません。自分自身の心に12万余りをかけるくらいならば数十年苦しみを選ぶ人々が少なくありません。


それで、仕事もできず、外出も怖くてできずにいることを優先にして、携帯には毎月一万近く、年間約12万円の出費を優先する方々が少なくありません。


結局、苦しんでいてもお金で解決できる悩みがほとんどなのですが、自身の心よりも別の物が価値は高いという判断なのでしょう


そのような方はこのブログは読む必要は一切ありません。


また、読むだけでは解消は出来ません。



熱中症ニュースと同じように「熱中症対策」「熱中症対策」とか「熱中症に気をつけてください」とか「水分をとってください」とか抽象的なレベルで熱中症を防げるのか?という疑問があります。

気温が体温を越える時に外での活動や行動は台風の時に外出する危険性と同じレベルです。


熱中症に気をつけてくださいという抽象的なアドバイスでは意味はありません。

それは「熱中症に気をつけてください」という挨拶でしょう(笑)

動物愛護保護センターのような名前は保護と言う言葉ですが、現実には動物暗殺センターに他なりません。殺害センターでしょう。
良い感じの名前に騙されないでください。
愛護保護センターに犬を拾った犬を引き取って貰う事が愛護保護と思ったら大間違いです。

愛護保護センターへ連絡すると言う事は犬の生命線を博打のように扱って賭け事をしてる事を意味します。引き取り手がいる現れる事に通報した方は掛けたかもしれませんが、その貰い手が現れないで外れると殺害されます。
当たるか外れるか?どちらかは通報した後に調べれば分かるはずです。

個人的には殺害センターには連絡しないで自由に生きれるだけ生き延びよと犬に言いたいのです。

本来なら半年でも一年でも飼える人がいたら、センターは差し上げるべきです。注射も義務にしないで自由にすべきです。ワクチン注射も内臓を悪くすると考えてます。。最後まで必ず飼えるシステムにして、引き取り手を少なくして殺害理由をつけてるのです。
事実、万の単位の犬が殺害されてきました。
しかし、名前は動物愛護保護という名前です。

まるで北朝鮮民主主義のような名前だけは立派ですね


権威ある者達からレッテルにお気をつけください。
あの名倉さんもも本当に手術しかなかったのか疑問です。寝たきりの人でも車椅子でも治せるプロ整体師はいます。さらにもさ寝たきりの半身不随の人の場合なら脊髄の液を増殖して点滴すれば動けるようになるよね。



また、「児童保護センター」とは個人的には、児童拉致刑務所と考えてます。これは分かる人には分かる


児童をゲリラ的に拉致監禁して、刑務所のセンターに監禁されて服従を強制させられます。この内容は99%の人に理解されないはずですが、詳細は省きます。結論で言えばアメリカのように自分の子供に対してもバラの花を触るように気を使い、何かちょっとしたことで児童虐待となったり、学校でも生徒に対してちょっとした発言で首切りができるようになる未来へ進んでる事を危険性を伝えたかったのです。


今の日本の姿は、児童や子供や親をたらい回しに丸投げシステムのように感じます。

いじめを学校やその他で発見しても、別の組織に丸投げシステムでしょう。たらい回しにして良くなるのか?深いトラウマを作るでしょう。


重要な向かうべき方向は、例えば、親のカウンセリングです。子供を児童相談所が拉致監禁しても親をカウンセリングしない限り無理です。

冤罪のオンパレードと子供刑務所が今後児童相談所で増えることと思います。

児童よりも、児童相談所の所長や職員の給与とプライドが優先でしょうね。

小児科医師もめんどくさい怪我は、児童相談所へ丸投げすることで責任を放棄することでまぬがれます。


また、虐待した親を刑務所に入れても、覚醒剤した人々を刑務所に入れても、問題は解決しません。

罰則が解決する問題ではないからです。


そのように深い続く心理的な苦しみや恐怖感もアドバイスで解決できる問題ではないでしょう。

自分自身で根本的な問題を解消することが重要です。しかし、自身でできないにも関わらず問題を放置して苦しみや悩みを数十年も放置してる方々は少なくありません。

さっさとカウンセリングで解消すれば、新しい自分自身に生まれ変われるのです。
良くなることに躊躇する事は、潜在意識化では不幸を愛してるのです。


或いは「自分は幸せになってはいけない」とか
或いは「自分は生まれて来なければ良かった」とか罪悪感や自責で満足してるのです。

その根拠は本気で解消しようと決意してないからです。


そんな本気でない人はカウンセリングを受ける資格さえ準備ができてません。

カウンセリングは「今のこのままでは私ではダメだ。新しい私に変わりたい」という強い気持ちです。


それとカウンセラーの技法と愛と使命感の気持ちです。

その両方が結集して、問題をぶっ壊すのです

NHKをぶっ壊す党ではスクランブルをかけることを目標としてますが、党研究室では問題にスクランブルで見えないように覆い隠すのではなく問題そのものを消すことです。

同じ言葉はぶっ壊すでも意味は違います。

悩みをぶっ壊して生きましょう(^-^)

名倉潤さんの悩み事はプロの整体師ならわずか一時間いないには解消するでしょう。

信じられないのはその面に関しての知識や認識が不足してるからです。

手術しないと治らないと名倉潤さんの知識がそれだけだったから手術したのでしょう


他にとこのような例はたくさんあります

幼稚園児の悩み事や小学生の学校での問題に大人ならだいたい1日、2日も必要なくて解消するでしょう

その差は認識力の差です。
例えば小学生3年生のテスト問題が二学年あがるだけで、つまり五年生ならば3年生のデスト問題は簡単に解けるはずです。

その差は認識力の差です。


先程、児童相談所の問題に対して「拉致監禁」という厳しい言葉で記載しましたが、児童相談所の存在によって家族の未来がどうなるのか瞬時に予測がつくのです。

または、煽り運転だけが厳しく取り締まられる背後の管理社会への準備だと言うことが瞬時に予測がつくのです。

日本国民の車にはGPSが取り付けられる未来が瞬時に予測がつくのです。それは世界的な観点の認識力があれば簡単に分かることです。

さらには、心理的な心の悩みも同じように一般人の心理的な苦しみで10年、50年の悩み苦しみも僅か2日位では解消ができるのです。

それは解消方法を知っている。ただそれだけの事です。カウンセラーが偉いのではなく、単にその分野では解消方法を知ってるからです。

馬鹿みたいに数十年も維持させる努力して苦しい生活を送って人生を無駄にしてる人々があまりにも多すぎます。しかし、それはその人各々の人生ですから、それを尊重はしますが、残念な人々ではありますね

話しは熱中症の事に戻りますが、
建築業や土木業界や炎天下で仕事してる社長さんは、熱中症予防でモバイルクーラーもあります。また、自分が発明したモバイル冷風機の作り方を無料で教える事が可能です。他にも熱中症予防の発明をしましたので建築業社長はご連絡ください。

数千円~一万円の材料でいろいろ作れます。
20190803160221abe.jpg



201907181848460d2.jpg

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント
My profile

Author : オープンハート研究室

オープンハート研究室の使命
2018年以降カウンセリングの新規予約は行ってません
・心と身体の研究
・心と身体の健康
・潜在意識と表面意識の研究
・心理カウンセリング技法の開発
・カウンセリング支援
・実践カウンセラーを目指す方への教育
・自衛隊・海上保安官・警察官・教育関係機関へのボランティア支援
・災害時のトラウマ解消支援
・その他 ボランティア活動
プロフィール・料金

成功率約9割ですから他のカウンセリングと一線を画しています
その方に応じた技法・手法でカウンセリングします

当研究室に縁がある以前に、他社のカウンセリングでを受けた方もたまにいます。他社のカウンセリングでは、「カウンセリングで30分とか1時間とかのような短時間でカウンセリングを受けたことがあります。何も変わりません」とか
「話を聞いてもらえたのでその時は気分は悪くないのですが、翌日は今までと同じ症状」とかクライアント様よりお話をお聞きしました。

1時間のカウンセリングでは出来事の把握や友達同士の会話とほとんど変わらないでしょう。

ですから、当研究室では集中的に一気に数時間行います。平均2日で解消して終了です。

他社のほとんどのカウンセリングでは、問題の発見、本質や解消は1時間では無理です。
しかし、クライアントは慣れてないので、僅か1時間のカウンセリングでも、その前日から緊張したり、準備から、、、帰宅するだけでも時間もエネルギーも使います。またたった1時間、2時間では「前回どこまで話したのかな?今日はどんな話をするのか?」
などカウンセリング受けても苦痛で遅々と進まなかったそうです

また、
「いつまで通う必要があるのか?毎回5千円のカウンセリングでも厳しい、どうしたらいいのか?」
「これまでお金を使ってヒーリングや遠隔、占い、催眠、カウンセリング、いろいろ試しましたが変わりません」
「本当に治るのかしら?怪しいところではないのか?」
「信頼できるのか?どんな資格を持ってる先生なのか?騙されるのでは?悪くなるのでは?どんな方法で?」、、、、、、
現在の悩みだけでなく、そのカウンセリングを受ける不安感、或は電話する以前に不安で電話すらできない方々と少なくないでしょう。

しかし、
当研究室では、平均2日前後の集中カウンセリングで問題の発見から正体を見破り、或は集中して右脳を使い一気に解消してきました。ですから、約9割の成功率ですからご安心ください。手法はその方の悩みや話をお聴きしながら必要な手法や技法を使います。大切なことはどのような資格や技法、手法であろうと、悩んでる苦しみを解消してあげれなければお金や時間の無駄です。

カウンセラーの肩書や名誉など重要なことではありません。大切なのは『結果』なのです。
『結果」が全てです。
『結果』が今より楽になりより自由な人生を歩めるようにしてあげることであり、苦しみの縛りを解いて解消する支援であり、

真のカウンセラーは私心を捨てて全身全霊で、任務遂行に徹すべきなのです。
そして必ず縁ある方を引き受けたからには良くするんだという使命感が重要です。
当研究室では日々に任務遂行であり、使命感のみが精神の中心にあり、不惜身命であります。
たとえ、世間がカラオケやお酒、ギャンブルなど娯楽など人生を楽しんでいても、そのような任務遂行と関係ないものは斬って捨てて諦めることと考えます。自制心を強化して、勇気ある行動できるカウンセラーであるべきと考えます。根底には愛です。多くの家庭問題には愛情不足等かあります。愛は全てを癒します。

オープンハート研究室
カウンセリングの任務
今ある悪質な縛りや固定観念、、などを解消する支援を行い
より自由ある人生
より希望を
より行動できる人生
より健康な人生へを
料金↓
https://okinawajapan.org/blog-entry-1.html

初めての方はお読みください

予約申込み・電話機番号・カウンセリング料金など

検索フォーム

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

オープンハート研究室

Author:オープンハート研究室
オープンハート研究室の使命
2018年以降カウンセリングの新規予約は行ってません
・心と身体の研究
・心と身体の健康
・潜在意識と表面意識の研究
・心理カウンセリング技法の開発
・カウンセリング支援
・実践カウンセラーを目指す方への教育
・自衛隊・海上保安官・警察官・教育関係機関へのボランティア支援
・災害時のトラウマ解消支援
・その他 ボランティア活動
プロフィール・料金

成功率約9割ですから他のカウンセリングと一線を画しています
その方に応じた技法・手法でカウンセリングします

当研究室に縁がある以前に、他社のカウンセリングでを受けた方もたまにいます。他社のカウンセリングでは、「カウンセリングで30分とか1時間とかのような短時間でカウンセリングを受けたことがあります。何も変わりません」とか
「話を聞いてもらえたのでその時は気分は悪くないのですが、翌日は今までと同じ症状」とかクライアント様よりお話をお聞きしました。

1時間のカウンセリングでは出来事の把握や友達同士の会話とほとんど変わらないでしょう。

ですから、当研究室では集中的に一気に数時間行います。平均2日で解消して終了です。

他社のほとんどのカウンセリングでは、問題の発見、本質や解消は1時間では無理です。
しかし、クライアントは慣れてないので、僅か1時間のカウンセリングでも、その前日から緊張したり、準備から、、、帰宅するだけでも時間もエネルギーも使います。またたった1時間、2時間では「前回どこまで話したのかな?今日はどんな話をするのか?」
などカウンセリング受けても苦痛で遅々と進まなかったそうです

また、
「いつまで通う必要があるのか?毎回5千円のカウンセリングでも厳しい、どうしたらいいのか?」
「これまでお金を使ってヒーリングや遠隔、占い、催眠、カウンセリング、いろいろ試しましたが変わりません」
「本当に治るのかしら?怪しいところではないのか?」
「信頼できるのか?どんな資格を持ってる先生なのか?騙されるのでは?悪くなるのでは?どんな方法で?」、、、、、、
現在の悩みだけでなく、そのカウンセリングを受ける不安感、或は電話する以前に不安で電話すらできない方々と少なくないでしょう。

しかし、
当研究室では、平均2日前後の集中カウンセリングで問題の発見から正体を見破り、或は集中して右脳を使い一気に解消してきました。ですから、約9割の成功率ですからご安心ください。手法はその方の悩みや話をお聴きしながら必要な手法や技法を使います。大切なことはどのような資格や技法、手法であろうと、悩んでる苦しみを解消してあげれなければお金や時間の無駄です。

カウンセラーの肩書や名誉など重要なことではありません。大切なのは『結果』なのです。
『結果」が全てです。
『結果』が今より楽になりより自由な人生を歩めるようにしてあげることであり、苦しみの縛りを解いて解消する支援であり、

真のカウンセラーは私心を捨てて全身全霊で、任務遂行に徹すべきなのです。
そして必ず縁ある方を引き受けたからには良くするんだという使命感が重要です。
当研究室では日々に任務遂行であり、使命感のみが精神の中心にあり、不惜身命であります。
たとえ、世間がカラオケやお酒、ギャンブルなど娯楽など人生を楽しんでいても、そのような任務遂行と関係ないものは斬って捨てて諦めることと考えます。自制心を強化して、勇気ある行動できるカウンセラーであるべきと考えます。根底には愛です。多くの家庭問題には愛情不足等かあります。愛は全てを癒します。

オープンハート研究室
カウンセリングの任務
今ある悪質な縛りや固定観念、、などを解消する支援を行い
より自由ある人生
より希望を
より行動できる人生
より健康な人生へを
料金↓
https://okinawajapan.org/blog-entry-1.html

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR