オープンハート研究室

心と身体の研究・心と身体の健康・潜在意識と表面意識の研究・心理カウンセリング技法の開発・カウンセリング支援・実践カウンセラーを目指す方への指導

0

恐怖のできちゃった妊娠



20200114220742d00.jpg

こんにちは(^_^)、世界でトップレベルのトラウマと恐怖感の専門でもあるカウンセラーのごやです。

カウンセリングでクライアントと恐怖感が次々と消えてしまう仕事をしてます。

一方、当研究室のブログでは、皆様に恐怖感を提供してます(笑)

その理由は、薬物依存性の危険性や治せない精神化への金と人生を捨てない為に、なんの責任もない子供達を薬物から守るためです。
それを伝える事は本当にリスクがあり損の役割をしてますが、誰も積極的につたえきれないならば使命としてやるしかありません
(゜ロ゜ノ)ノ

これ以上の悪を放置できないからです。
また、皆様の自由を守るためには、精神化の薬物は不要なのです。

フェイスブック等で拡散したりしてくれる優しい方もいて、好評なので本日も恐怖を提供しようと思います。

カウンセラーは恐怖感を削除するプロですが、恐怖感は必要なもでもあります。
過剰な恐怖感が問題なのです。

恐怖感の良い役割は抑止力です。
抑止力として恐怖感は存在は許されるのです。


恐怖シリーズ①は臭いものに蓋(ふた) でした。

今回はその続きとして、【恐怖のできちゃった妊娠の危険性】です。

くだらない前置きはそのくらいにして、当研究室の個人的な考えや思想を根拠なくお伝えさせて頂きます。信じるか信じないかはあなたしだいです(^^;

別にできちゃった妊娠に限らないのですが、女性が薬物をする危険性をお伝えします。

結論から伝えると、女性が摂取した薬物はお腹の胎児が胎児の時に摂取して、産まれた赤ちゃんが追加で母乳からも薬物を摂取して、赤ちゃんが薬物依存性として影響を受けるという話です。

つまり、その薬物を母親から頂いた赤ちゃんは、薬物の影響及び薬物依存性から脱出する過程で苦しむ可能性があります。これが結論です。 以上

薬を全くしてない方々も、母親が口から取り入れた野菜や食事の栄養も胎児は得る事は理解できるでしょう。

なので、野菜を育てる過程で散布された農薬や科学肥料も胎児は摂取しますので、あなたが薬をしてなくても、農薬野菜や牛鳥豚に打ち込まれた抗生物質などの薬物や間接的ワクチン(ウイルスの事)を体内に混入させてるので、未来の赤ちゃんに影響がある事を意味します。
イチゴだと大1個でも、、農薬イチゴも農薬キャベツも毒


食器や飲料品のボトルのほか、食品缶詰や缶飲料の内側のコーティングにも

また、酒やタバコもそうです。
母親と赤ちゃんは一心同体です。
なぜなら、胎児に選ぶ権限はないので、母親から与えられたのを得るしか選択の余地はないからです。

YouTube動画でも、薬物依存性から抜けるために薬を止めた反作用の辛さはそう簡単ではないようです。

母親がもし下記で示した
恐怖の臭いモノに蓋抗うつ薬、抗不安薬の薬物や睡眠薬や鎮痛剤などを取っていたならば、母親から胎児へ回し飲みしてることを意味します。

そして、無事に子宮から産まれた赤ちゃんだったとしても、その薬物や農薬や科学肥料(科学物質)を体外へ排出する事を身体はしようとするでしょう

その時の危険性として、胎児の呼吸が止まってしまったり、けいれんをしたら本当に危ないのです。

その時とは、母親が薬物依存性を辞めなかったので、代わりではありませんが、胎児の薬の離脱症状は、母親とへその緒が切り離されたことある意味で一気に辞めた状態ですので、呼吸が止まらなったとしても、手足の震え、異常な発汗や発熱、嘔吐や下痢などが現れる可能性があります。

実際上は赤ちゃんは一気に薬を辞めてるのではなく、母乳から引き続き回し飲みします。
本能がまだ働いてる赤ちゃんは汚染された不味い母乳は飲みたがらないはずです。

薬物の影響が強いと麻痺して離脱が現れるのが遅いかも知れません。

現れないなら体内にまだ混入してるので、排出できる年齢が3歳なのかその前後なのか、毒を排出できる年齢になると急に上記の症状が現れる可能性があります。自分にはいつなのか分かりません。
意味不明の発熱は断薬の副作用の可能性があります。
その赤ちゃんへの第一原因は母親に責任はあります。

現在、当研究室としては、第2原因である、薬の売人である医死や薬罪死らの極悪非道さを伝えて皆様が洗脳から目覚めるお手伝いをさせているのがこのブログの内容であります。

母親に第一の責任があるのは母親は薬を飲まない選択が可能であるからです。

母親は、薬物を飲みたくて飲んでないと選択はないと思うかも知れませんが、カウンセリングにより、心の問題を解消すれば薬に手を出す必要はなかったはずです。

また、薬物を飲むことで治るという思考停止した考えの危険性は、これまでの記事でも丁寧に伝え

また【精神医学の定義】を示しお伝えしました。

精神医学の定義が恐ろしい事になって、それが基本原則なので、精神病院は治す所ではないのです。
精神医学は支配と服従(奴隷)なのです。

しかし、ここでは責任が誰にあるのかどうでも良いのです。レッテルはって良くなることはないからです。しかし、無知の罪が日本にも拡がってます

妊娠しない前に薬物を断つ事をする事こそ重要です。

また、野菜に含まれてる農薬や科学肥料、小麦粉に含まれてる除草剤のラウンドアップなどを摂取する機会を減らすべく、これらの記事を拡散して、社会に無農薬の重要性や科学肥料の炎症の危険性や薬物の危険性や精神医療や精神医学の正体などを国民へSNSや対話で拡散することです。

皆様は、心の問題を薬や脳の原因にせずに自らの心の問題は自らの心でしか最終的には処理できないのです。

最近の病院やスクールカウンセラーは分析してレッテルはるのが任務ではないにも関わらず、心理でという分析で発達障害を増やす悪人と化してます。

もうそんなカウンセラーや医師は要らないのです。どれだけ金の為に子供達を破壊するのでしょうか!

カウンセラーも医師も看護師も薬剤師も治す結果がだせないなら辞めてくださいと言いたいのです。良心がまだ働いてるうちに勇気の決断をされてください。

睡眠薬やうつや痛み止めの薬などを一切してないにも関わらず、生まれてきた子供が薬物依存性状態で、断薬の苦しみを背負わされてる子供が多数いるはずです。

出来ちゃった妊娠では、「今から薬物の断薬しないといけないかな」では手遅れなのです。

また、母親本人も心理的な悩みから薬に手をだしたのならば、心理的な問題も根本的に解消する必要があるのですが、それをせずに断薬をしたら、断薬の辛さも心理的な問題の辛さもダブルで、出来ちゃった妊娠の胎児に影響するでしょう。

ですから出来ちゃった妊娠以前に断薬をオススメしてるのです。赤ちゃんが単なる断薬の離脱症状ですめば良いのですが、障害児に生まれて脳が過敏性又は麻痺系になる可能性もあるのではと心配ではあります。

女性は取り返しがつかない、手遅れにならない前に断薬と心の問題を処理してください。
健やかな赤ちゃんの為に
愛する赤ちゃんの為に。

あと躁うつの薬を飲むと妊娠した後の赤ちゃんにリスクがあります
特に、バルプロ酸ナトリウムって薬は危険なようです。

断薬した後も、薬物の成分を身体から抜く努力は必要かなと思います。

葉酸とかの栄養もとると良いみたいです。
あと太陽にあたりビタミンDもオススメです。
玉ねぎでのデトックスもオススメ。その他、ラクトバチルスの数種類とラクトフェリン、一酸化窒素、オゾン療法、還元水などの電子、

赤ちゃんが産まれたらどんなワクチン(三種ワクチンも)も絶対に接種したらいけません。危険なウイルスだけでなく、微量な水銀でも免疫力のない産まれた赤ちゃんには危険です。それ以外にもワクチンの中身は別記事を読んでください。デメリットしかなく、メリットはありません。ワクチンで脳に障害を受ける可能性があるはずです。自閉症的にならないようにするにはワクチンは拒否して、免疫力のない赤ちゃんには抗生物質も大変危険です。

あと腸内環境だけでなく、毒であるフッ素入りの歯磨きも止めて口内環境を整えて、口内微生物も健康にしてくださいね。口内と腸内と脳は影響しあってます。

ADHDも腸内環境を整えるべく、ラクトフェリンを取ってください。余計なのが入ってないラクトフェリンのみの成分があります。

人参の葉も茹でたスープはこう酸化力があります。人参ジュースのみを絞ったのもオススメです。


オープンハート研究室では、過食や拒食などのカウンセリングでも成功させる技法を持っています。

心の問題は、カウンセリング技法などを使用することで処理できます

未来のあなたの愛する大切な赤ちゃんの為にお伝えさせて頂きました。
ありがとうございます

激し過ぎるトラウマ、マックスレベルの恐怖感もその他のあなた独自の心の辛過ぎる日々も、簡単に削除すれば良いのです。そのカウンセリングは下記になります。
成功率約9割のカウンセリングの予約受付開始しました


ブラック精神科に気をつけろ!④

関連記事

コメント

非公開コメント
My profile

Author : オープンハート研究室

オープンハート研究室の使命
2018年以降カウンセリングの新規予約は行ってません
・心と身体の研究
・心と身体の健康
・潜在意識と表面意識の研究
・心理カウンセリング技法の開発
・カウンセリング支援
・実践カウンセラーを目指す方への教育
・自衛隊・海上保安官・警察官・教育関係機関へのボランティア支援
・災害時のトラウマ解消支援
・その他 ボランティア活動
プロフィール・料金

成功率約9割ですから他のカウンセリングと一線を画しています
その方に応じた技法・手法でカウンセリングします

当研究室に縁がある以前に、他社のカウンセリングでを受けた方もたまにいます。他社のカウンセリングでは、「カウンセリングで30分とか1時間とかのような短時間でカウンセリングを受けたことがあります。何も変わりません」とか
「話を聞いてもらえたのでその時は気分は悪くないのですが、翌日は今までと同じ症状」とかクライアント様よりお話をお聞きしました。

1時間のカウンセリングでは出来事の把握や友達同士の会話とほとんど変わらないでしょう。

ですから、当研究室では集中的に一気に数時間行います。平均2日で解消して終了です。

他社のほとんどのカウンセリングでは、問題の発見、本質や解消は1時間では無理です。
しかし、クライアントは慣れてないので、僅か1時間のカウンセリングでも、その前日から緊張したり、準備から、、、帰宅するだけでも時間もエネルギーも使います。またたった1時間、2時間では「前回どこまで話したのかな?今日はどんな話をするのか?」
などカウンセリング受けても苦痛で遅々と進まなかったそうです

また、
「いつまで通う必要があるのか?毎回5千円のカウンセリングでも厳しい、どうしたらいいのか?」
「これまでお金を使ってヒーリングや遠隔、占い、催眠、カウンセリング、いろいろ試しましたが変わりません」
「本当に治るのかしら?怪しいところではないのか?」
「信頼できるのか?どんな資格を持ってる先生なのか?騙されるのでは?悪くなるのでは?どんな方法で?」、、、、、、
現在の悩みだけでなく、そのカウンセリングを受ける不安感、或は電話する以前に不安で電話すらできない方々と少なくないでしょう。

しかし、
当研究室では、平均2日前後の集中カウンセリングで問題の発見から正体を見破り、或は集中して右脳を使い一気に解消してきました。ですから、約9割の成功率ですからご安心ください。手法はその方の悩みや話をお聴きしながら必要な手法や技法を使います。大切なことはどのような資格や技法、手法であろうと、悩んでる苦しみを解消してあげれなければお金や時間の無駄です。

カウンセラーの肩書や名誉など重要なことではありません。大切なのは『結果』なのです。
『結果」が全てです。
『結果』が今より楽になりより自由な人生を歩めるようにしてあげることであり、苦しみの縛りを解いて解消する支援であり、

真のカウンセラーは私心を捨てて全身全霊で、任務遂行に徹すべきなのです。
そして必ず縁ある方を引き受けたからには良くするんだという使命感が重要です。
当研究室では日々に任務遂行であり、使命感のみが精神の中心にあり、不惜身命であります。
たとえ、世間がカラオケやお酒、ギャンブルなど娯楽など人生を楽しんでいても、そのような任務遂行と関係ないものは斬って捨てて諦めることと考えます。自制心を強化して、勇気ある行動できるカウンセラーであるべきと考えます。根底には愛です。多くの家庭問題には愛情不足等かあります。愛は全てを癒します。

オープンハート研究室
カウンセリングの任務
今ある悪質な縛りや固定観念、、などを解消する支援を行い
より自由ある人生
より希望を
より行動できる人生
より健康な人生へを
料金↓
https://okinawajapan.org/blog-entry-1.html

初めての方はお読みください

予約申込み・電話機番号・カウンセリング料金など

検索フォーム

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

オープンハート研究室

Author:オープンハート研究室
オープンハート研究室の使命
2018年以降カウンセリングの新規予約は行ってません
・心と身体の研究
・心と身体の健康
・潜在意識と表面意識の研究
・心理カウンセリング技法の開発
・カウンセリング支援
・実践カウンセラーを目指す方への教育
・自衛隊・海上保安官・警察官・教育関係機関へのボランティア支援
・災害時のトラウマ解消支援
・その他 ボランティア活動
プロフィール・料金

成功率約9割ですから他のカウンセリングと一線を画しています
その方に応じた技法・手法でカウンセリングします

当研究室に縁がある以前に、他社のカウンセリングでを受けた方もたまにいます。他社のカウンセリングでは、「カウンセリングで30分とか1時間とかのような短時間でカウンセリングを受けたことがあります。何も変わりません」とか
「話を聞いてもらえたのでその時は気分は悪くないのですが、翌日は今までと同じ症状」とかクライアント様よりお話をお聞きしました。

1時間のカウンセリングでは出来事の把握や友達同士の会話とほとんど変わらないでしょう。

ですから、当研究室では集中的に一気に数時間行います。平均2日で解消して終了です。

他社のほとんどのカウンセリングでは、問題の発見、本質や解消は1時間では無理です。
しかし、クライアントは慣れてないので、僅か1時間のカウンセリングでも、その前日から緊張したり、準備から、、、帰宅するだけでも時間もエネルギーも使います。またたった1時間、2時間では「前回どこまで話したのかな?今日はどんな話をするのか?」
などカウンセリング受けても苦痛で遅々と進まなかったそうです

また、
「いつまで通う必要があるのか?毎回5千円のカウンセリングでも厳しい、どうしたらいいのか?」
「これまでお金を使ってヒーリングや遠隔、占い、催眠、カウンセリング、いろいろ試しましたが変わりません」
「本当に治るのかしら?怪しいところではないのか?」
「信頼できるのか?どんな資格を持ってる先生なのか?騙されるのでは?悪くなるのでは?どんな方法で?」、、、、、、
現在の悩みだけでなく、そのカウンセリングを受ける不安感、或は電話する以前に不安で電話すらできない方々と少なくないでしょう。

しかし、
当研究室では、平均2日前後の集中カウンセリングで問題の発見から正体を見破り、或は集中して右脳を使い一気に解消してきました。ですから、約9割の成功率ですからご安心ください。手法はその方の悩みや話をお聴きしながら必要な手法や技法を使います。大切なことはどのような資格や技法、手法であろうと、悩んでる苦しみを解消してあげれなければお金や時間の無駄です。

カウンセラーの肩書や名誉など重要なことではありません。大切なのは『結果』なのです。
『結果」が全てです。
『結果』が今より楽になりより自由な人生を歩めるようにしてあげることであり、苦しみの縛りを解いて解消する支援であり、

真のカウンセラーは私心を捨てて全身全霊で、任務遂行に徹すべきなのです。
そして必ず縁ある方を引き受けたからには良くするんだという使命感が重要です。
当研究室では日々に任務遂行であり、使命感のみが精神の中心にあり、不惜身命であります。
たとえ、世間がカラオケやお酒、ギャンブルなど娯楽など人生を楽しんでいても、そのような任務遂行と関係ないものは斬って捨てて諦めることと考えます。自制心を強化して、勇気ある行動できるカウンセラーであるべきと考えます。根底には愛です。多くの家庭問題には愛情不足等かあります。愛は全てを癒します。

オープンハート研究室
カウンセリングの任務
今ある悪質な縛りや固定観念、、などを解消する支援を行い
より自由ある人生
より希望を
より行動できる人生
より健康な人生へを
料金↓
https://okinawajapan.org/blog-entry-1.html

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR