オープンハート研究室

心と身体の研究・心と身体の健康・潜在意識と表面意識の研究・心理カウンセリング技法の開発・カウンセリング支援・実践カウンセラーを目指す方への指導

0

政府の強制的な外出禁止令は良くない



百年以上自由に湧き続ける金武町の大川
20200328091841bc4.jpg

シークァーサーにも花が咲きます
20200328091119a90.jpg



本日の記事は、日本での中国新型コロナウイルス生物兵器の感染者が1日当たりの感染者が100人突破した記念記事です(笑)
一方、精神化では毎日60人が殺されてます。毎日です。しかし、冷たいほとんどの日本人はその殺害に関しては無視です。それよりも単なるマスクの転売を責めてます(笑)。

【政府の強制的な外出禁止令は良くない】と言う日本国民の多くが反論や反発したいタイトルになります。


結論は、中国新型コロナウイルス生物兵器による感染防止予防対策として、国民の外出などの行動を強制的に制限して家からでてはならないとする自由の制限はあってはならないということです。以上

最近、運転中の信号待ちなどで記事を買いて、内容が途中、途中で切れるのでどこまで書いたか忘れて、意味が伝えにくくなってしまい申し訳ないです。

世界各国では、中国新型コロナウイルスの感染対策として外出禁止をして国家衰退、国家破壊などの対策をしてるので、ここで当研究室の意見を世界へ発信しておきます。

移る皮膚病に感染してる方々が皮膚科に診療した時に受付のボールペンや机を触り、椅子やドアを触りバイ菌を撒き散らしても、強制的に行動の自由が制限されたりしてません。

電車のつり革も皮膚病感染者が触っても行動の自由が自宅待機にはなってませんでした。

インフルエンザに感染しても、自宅で強制的な隔離などはありませんでした。

インフルエンザに感染しても、電車に乗るときにや映画館に入るときに、わざわざ他の人にインフルエンザに感染してることを公開する必要性もありませんでした。

以前の記事で伝えた肥満感染病の対しても同じです。

以前伝えた記事で、うつ病もエネルギー的に会話などで移る事を伝えましたが、そのうつ病の人が会話を禁止されたり、肥満の人がマスクしないで、肥満菌をコンビニのおでんに口から飛ばしても誰にも文句は言われないはずです。

「国が強制的に外出を禁止しないで、感染者が増えたらどうする?お前は無責任なのか?」って反論や批判したい方々に対しては、ウイルス生物兵器の対策と治療法を読んでください。感染症の専門家が手洗いとマスクやうがいしか示せなかったので、やむを得ず素人の自分が既に対策と治療法を示しましたので読んでください。感染したら治療すれば良いでしょう。

それ以前に、感染しても死なないように免疫力を高める方法も別の記事で伝えました。

電話で問合せあった方には、ウイルス対策として、ゴーヤー(苦瓜・ニガウリ)ジュースもオススメしました。

ゴーヤーの成長過程で、ゴーヤーの葉などがウイルスに攻撃されて、攻撃された部分の葉が白くなってますが、その過程で坑ウイルスの物質が生成されるはずです。当研究室の推測なのでその成分が生成されてるのかは当研究室では証明できませんし、証明する気持ちもありません。

それは、リンゴや別の木でも虫に攻撃されたら、その木や植物は、虫の嫌いな成分を放出するはずです。、、、そのようにゴーヤージュースを飲むことを電話にてオススメもしました。


「新型コロナウイルスに感染したらみんなが迷惑であり、死ぬ人も多く増えてるのに、外出禁止に反対するなんて間違ってる」って言いたい人もいるはずですが、
それを言うなれば、そもそも、犯罪国家であるヤクザ中国政府と付き合ったり依存してる事が根本的に問題があることは前回の記事で伝えました。

ですから、中国に依存した国家は自業自得なのです。

ヤクザ中国政府に依存しなければ、ヤクザと付き合わなければ、新型コロナちゃんの感染者は日本に混入しなかったのです。


中国の奴隷の犠牲で作られた製品欲しさに、ヤクザ中国政府であるとしても、日本政府は外交を停止しなかったつけが今頃反作用として訪れてるのです。それを前回の記事で伝えました。

根本的原因を排除しないで、中国新型コロナウイルスのみを、自宅監禁で対策しようとする根性が間違ってるのです。

それを後の祭りと言うのです。

個人の行動を強制的に奪って自宅から出るなと外出禁止をする政府の間違いは、2010年頃から中国との外交は全て間違ってる政策ばかり取り続けた代償なのです。

あなたが、自宅待機は仕方ないと批判するならば、
感染症の対策としてあなたとあなたの家族が自宅監禁が、1年間の外出禁止を受け入れる覚悟はあるのですか?という問いに答えなければなりません。

また。中国と付き合う限り中国新型コロナウイルスは1年間の強制的自宅監禁したとしても収まることはありません

また、下記の内容の最後らへんで紹介した感染が
拡大してる理由をYouTubeで紹介しました
https://okinawajapan.org/blog-entry-82.html
これは中国で起きてる事ですが、このような民族の中に反日的な中国人が存在してるので、日本への輸出する食品や製品に対して唾が吐かれてる動画があります。冷凍食品にも唾が吐かれてますが、たとえウイルスは死んでいても気持ち悪いですよね

でも冷凍ではないのにも撒かれてて、それでウイルスが増殖して、日本人がそれを使うことで感染する可能性はあります。

唾を吐かなくても、ウイルス生物兵器は今後新型コロナウイルスだけでなく、その他の組み合わせで撒かれて、新型コロナウイルス治療中に感染した政治家や政治家の奥さんに別の殺傷力(一日で死亡する)の強いウイルス生物兵器を付着させて、新型コロナウイルスで死亡した事にする工作員系が現れるでしょう。

政治家の奥さんに感染させて、その後目的の政治家に感染させるのです。それで別の生物兵器を使う手法ですね。

要するに、日本国民を1年間自宅監禁しても中国との輸入製品及び工作員による感染工作により、1年後も感染は続くのです。

また、外出禁止をするということは、日本国家の約70%~80%以上の企業が機能停止する事を意味します。

その7割~8割の企業の機能が停止した場合はどうなるのか?あなたは答えられますか?
それを答えたとして、あなたの要望する自宅の外出禁止令による感染者が抑えられたとしても、1年間7割~8割の企業の機能停止、生産停止による被害は被る事を意味します

その企業の生産停止による被害のほうが国家破壊になる事を認識できな1年後も馬鹿な安倍ちゃんらが自宅からの外出禁止を推奨するのでしょう。

そもそも、日本の7割~8割の企業が1年間停止した場合はあなたが自宅で食べるのもなくなり飢え死にするでしょう。或いは精神が崩壊して、記憶喪失や認知症になるでしょう。

また、中国新型コロナウイルスの感染症予防として、1年間で収まる保証はないのです。

また、病院で働いてる側が、感染対策が平和ボケで不完全なので、病院で働くスタッフからも別の病気で入院した患者も新しく感染するでしょう。

感染対策が不完全なのは、感染対策の防護知識が認識不足なのです。

1年間と伝えましたが、現実は1年を待たずに日本は崩壊するはずです。
企業が停止した場合
燃料の石油も入らないのです。
ガソリンも入らないのです。
原発停止が増えてるので電気も流れなくなるでしょう。
もちろんテレビを見て1年間過ごしたいと思ってもテレビも停止しますので、見ることはできません。暗闇で自宅で1年間過ごすのです。

もちろん食料の自給率な他国に依存してるので、食べるのはなくなります。我々は食べなくて生きれる腸内細菌を持ち合わせてないので、飢え死にする人々が、自宅からの外出禁止により、中国ウイルスよりの死亡は減りますが、飢え死による死亡者が増えるでしょう。

中国国内では既に多くの企業が倒産し続けてます。倒産は数千の企業ではなく、万になるはずです(推測)。原因は封鎖政策です。

中国では1ヶ所の火葬場で8000人以上を焼却してます。8ヶ所で64000人が燃やされました。

さらに別途で一日で5トンの人間を焼却する移動式火葬機器による死亡人数は含まれてません。

その事から、日本のマスコミのデマ報道がどれだけ被害を拡大支援してるか分かりますか?政府もその事からマスコミに合わせて政策してるので、誤った被害の拡大支援の政策するのでしょう。

「自宅外出禁止しない場合での中国ウイルスの死亡者」 VS 「自宅外出禁止による食べれなくて飢え死に」を比較した場合は、

外出禁止による死亡者が多いでしょう。それだけに留まらず、国家破壊もプラスされます。

そもそも、1年間働かないでアパート暮らしの人は家賃は支払えますか?
電気も水道料金は支払えますか?
或いは、電気も水道もない生活で、自宅だけで精神が持ちますか?

そもそも食料の確保は誰がするのですか?
あなた方は自宅でのんびりして、食料配送会社はフル稼働で、その配送車両のガソリンは中東まで誰が買いに行き運搬するのですか?

中国からの野菜はバッタに食いつくされて輸入もできなくなって取りに行く船を出しても、食料を分けて貰えないかもしれません。

話は多少逸れますが、
そもそも、その中国の武漢では、自宅で飢え死にさせられてるのです。中国政府はコロナちゃんの感染者0を発表してますが、病院では治療を拒否してるので、感染しても治療しないので感染者0と発表してるのです。

中国では食べるのもゴミ収集車両に積んで運んでるので、ゴミの臭い臭いの付着した食料であり、食べれる食料でもないのですが、、、

日本のマスコミは、中国政府のデマの数字をそのまま報道してるので、日本のマスコミがデマに気をつけてと言いながらマスコミそのものがデマを撒き散らしてるのです。

以前の記事で伝えましたが、中国の武漢研究所から持ち出された25種類の生物兵器は、新型コロナちゃんよりも殺傷力が強い兵器があります。

先週からはハンタウイルスを中国人に撒いて感染当日に死にました。殺傷力の強い生物兵器は潜伏期間が数時間もないので、感染者は拡がりません。安倍ちゃんやトランプ大統領や天皇陛下やローマ法皇用向けの生物兵器なのです。

一般国民向けの生物兵器は、殺傷力が弱い生物兵器になる理由は、殺傷力が弱いから潜伏期間が長くなり、感染者を増やすことに成功するからそれが選ばれ使われるのです。

台湾の人口を生物兵器で半分まで減らしてから、中国が侵略する計画は、必ずしもそれをしなくても、自宅からの強制的な外出禁止による飢え死に作戦でも人口は減り国家はガタガタにする効果が、外出禁止令にはありますから、中国は数十万の防弾チョッキ作成中であり、先週も台湾海峡で、中国船がわざと台湾船に衝突して軍事衝突をわざと起こして台湾侵略をしようと現在進行形で戦争中なのです。それを日本のマスコミが報道しないのは、犯罪国家ヤクザ中国政府と付き合いしたいからです。マスコミも政府も犯罪国家が好きなのです。

しかし、前に伝えた通り、犯罪国家と外交する事で代償は日本の侵略が待ってるのです。

中国による新型コロナウイルス生物兵器の次は、殺傷力の強い生物兵器による暗殺工作です。それは善良な香港人にドローンで撒かれる可能性もあります。

イランの副首相も感染したりイギリスの首相も感染者させられました。最近ではトランプ大統領の暗殺のために、新型コロナに感染した中国人記者二人が記者、トランプ大統領の記者会見で、熱探知義で37.7度の発熱が二人ともあることがばれてしまい暗殺に失敗しました。

中国は既に戦争中なので、暗殺は当たり前です。

情報戦争として戦争中ですが、情報操作による日本人の洗脳に日本のマスコミも協力してますが、情報だけでなく、第2第3の生物兵器も使われるでしょうね。

日本軍を悪者に仕立てあげてあげて、沖縄の住民が被害者に仕立てあげて、中国国内からは「沖縄を返せ(中国に返せのプロバガンダ)」と合唱して、日本のマスコミも加担して沖縄の与那国島や久米島や尖閣諸島などが侵略されるでしょう。

しかし、最初は台湾が先に侵略の計画があります。台湾の軍隊を中国の軍隊として(日本侵略時に)使いたいからです。

ですから、前回伝えた通りマスクの転売者が原因ではなく、中国新型コロナウイルスにより外出禁止による日本国家弱体化も、中国侵略の準備であり、単なる侵略の具体的な事がスタートしたばかりなのです。

中国新型コロナウイルスに感染した場合の治療法やオゾン水の霧より細かいオゾンの噴霧対策の実行拡大が急務なのです。

病院でオゾン水の噴霧はされてない事が平和ボケなのです。それをしないから病院に行くことで感染するのは当然です。

2020032809175224f.jpg
オゾン療法や一酸化窒素をやらないから死ぬ人もより増えるのは当たり前です。

やっとけば、クルーズ船内で感染者はもっと少なかった事は以前伝えた通りです。

新しく撒かれる可能性のある生物兵器に対しても、そのウイルスの電子を抜くことで治療にも予防にもなるので、それをやらないで強制的な外出禁止のみに政府は目がいってますが、その結果世界恐慌は4月後半から始まるでしょう。

その理由は政府による強制的な外出禁止が発動される割合と比例します。

今後は中国人工作員がどんどん日米や台湾で、生物兵器を散布したり、台湾での軍事衝突が予定されてます(笑)

天罰の天変地異による、地震や噴火や異常気象も今年2020年は、記録更新の被害者を出すでしょうね。

ゴーグルの準備も伝えました。

トラウマや恐怖感などで辛い人生を歩んでる方々は、さらに追い討ちをかけて、新しい恐怖感や新しい辛さが訪れるでしょう。

個人的には、中国新型コロナウイルスの感染拡大よ楽しみであり、中国新型コロナウイルスそのものに関しても、良い思念を持ってます。


楽しみという心がけや新型コロナウイルスへの感謝がある方は、もし感染したとしても死ぬことはないはずです。

理由はこれまで述べた通りです。

中国がデマを発表し、日本のマスコミも政治家も専門家も、WHOも、ヤクザ中国政府のデマを垂れ流してる事は、このブログを読まれてる方は賢いので認識してるので、そのようなデマの数字には騙されないでしょう。

また、この新型コロナウイルスはアメリカの責任にしようとする中国の発言も嘘であります。

判断が分からない場合は、中国政府の発表を聞いてください。その中国の発言の真逆が正しいと判断すれば大きくは間違えることはないはずです。

日本政府の手法ではサバイバルできないので、デマにより品薄にも購入して備えることが身を守ります。

当ブログの読者、食料を購入できる方は出来るだけ購入して平和ボケから身を守りましょう

購入を控えてとかの発言よりも、あなた自身の判断により、購入できるなら購入やったほうが良いのです。そうでないとこれから来る危機に対して、政府の言いなりで服従ばかりする事が取り返しつかなくなるリスクが高いはずです。

賛否両論あることも承知で、個人的意見の思想を、日本の自由がまだある内に述べさせて頂きました。

刺激が強い内容や怖い内容とかもありますが、楽しみって心境が常にあります。

3.11の地震も東京で何度も大きな揺れを受けましたが、無料のマッサージチェアに座ってるように感じて楽しみました(笑)

このような楽しみが被害を減少させる事もありますし、平和ボケから目覚める観点も被害を減少させます。このような二つの両方の観点が必要です。
帯状疱疹のウイルスにあなたの身体にも存在してますが、もし、楽しまなくて戦争に参加すると免疫力が減り、帯状疱疹が現れて来るでしょうね、

実は、帯状疱疹は、『攻撃の思念の持続』で現れます。

坑ウイルス薬でそのウイルスを殺しても、全部は死なないで残ります。新型コロちゃんも治っても全部は死なずに身体に残ってる可能性があり、攻撃の思念を持つと免疫力低下し現れる可能性があります。現代の医療では免疫力が低下することで帯状疱疹になることは分かってますが、具体的などのような思念が免疫力を低下させるかまでは認識してる医師はいません。ですからついでに伝えました。


自由の拡大が、奇跡を発生させることに繋がります。禁止や規制では奇跡を起こすことは無理です。

奇跡を起こす記事も伝えた通りです。

イベント中止に関係なく、東京都知事の不要不急の意見に関係なく、外出して楽しみます。

コロちゃん恐怖症の方は自由に自宅に立て籠ってのんびりしてください。
その不要不急の自宅軟禁主義の思想やあなたの自由を尊重します。

当研究室の考えを押し付ける事はしません。なぜなら自分は最大の自由を得たいので、そのためには皆様の最大の自由を尊重します。

人に自由を与えない人は自由を得られない環境が引き寄せられます

自由ではないヤクザ中国と付き合った原因により、現在は自由を失う代償が訪問しつつあるのです。

現在、習ちゃんは武力行使による戦争を準備してます。これまでの戦争は情報戦争や生物戦争でした。首里城での歴史工作なども、情報戦争の一つです。首里城は歴史工作に使うために、復刻版の首里城を再度建築するのです。あなたの寄付が歴史工作という情報戦争を支援してるのです(笑)

しかし、情報戦争→生物戦争→武力行使戦争と段階的な戦争が、今、目の前にある危機です。

アメリカのトランプ大統領は中国の情報を掴んでます。北朝鮮とイランが同時に動く危険性もあります、、、

いろいろ楽しみですね。そのような時代でいろいろ経験できて、それだけ成長に繋げて愛を深めましょう。物事には両面あります。

中国新型コロナウイルスのお陰で、中国国民は自由が訪れようとしてます。それは両面の良い面ですね。悪い面は死です。

日本は、、あなた方日本人は、、、、これ以上具体的に伝えると、トラウマを消し、恐怖感を消
すカウンセラーが、恐怖感を与える事になるので割愛します。

これから日本へくる波を越えていくべく、
それで、次回の記事【全ては流れ、流れ去っていく】という考え方で執着をしないで、余計な延命を望まない考え方を、、それを次回記事で伝えますね

ありがとうございます。

追伸
当研究室の読者は賢いので、自宅監禁でダラダラするにではなく、F1ではない、昔からある遺伝組み換えしてない種を探して買ってきて、家庭菜園で野菜を作り食料を確保してください。
金あるならば、発電機(できればガスとガソリン両方使えるの。或いはガス発電機)を買って準備する事。逆浸透膜のROの純水機器も準備できると良いですね。食料危機に備えてゴーヤーや冬瓜はオススメですよね。ゴーヤーは接ぎ木の苗が素人にはオススメ。アパートのベランダの日除けにもなりますね




ウイルス生物兵器対策と治療法
中国ウイルス湖北省だけで48万人感染
精神病や自殺者や発達障害の増やし方

自由の拡大する技法を使ってカウンセリングします
20200203205202e38.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント
My profile

Author : オープンハート研究室

オープンハート研究室の使命
2018年以降カウンセリングの新規予約は行ってません
・心と身体の研究
・心と身体の健康
・潜在意識と表面意識の研究
・心理カウンセリング技法の開発
・カウンセリング支援
・実践カウンセラーを目指す方への教育
・自衛隊・海上保安官・警察官・教育関係機関へのボランティア支援
・災害時のトラウマ解消支援
・その他 ボランティア活動
プロフィール・料金

成功率約9割ですから他のカウンセリングと一線を画しています
その方に応じた技法・手法でカウンセリングします

当研究室に縁がある以前に、他社のカウンセリングでを受けた方もたまにいます。他社のカウンセリングでは、「カウンセリングで30分とか1時間とかのような短時間でカウンセリングを受けたことがあります。何も変わりません」とか
「話を聞いてもらえたのでその時は気分は悪くないのですが、翌日は今までと同じ症状」とかクライアント様よりお話をお聞きしました。

1時間のカウンセリングでは出来事の把握や友達同士の会話とほとんど変わらないでしょう。

ですから、当研究室では集中的に一気に数時間行います。平均2日で解消して終了です。

他社のほとんどのカウンセリングでは、問題の発見、本質や解消は1時間では無理です。
しかし、クライアントは慣れてないので、僅か1時間のカウンセリングでも、その前日から緊張したり、準備から、、、帰宅するだけでも時間もエネルギーも使います。またたった1時間、2時間では「前回どこまで話したのかな?今日はどんな話をするのか?」
などカウンセリング受けても苦痛で遅々と進まなかったそうです

また、
「いつまで通う必要があるのか?毎回5千円のカウンセリングでも厳しい、どうしたらいいのか?」
「これまでお金を使ってヒーリングや遠隔、占い、催眠、カウンセリング、いろいろ試しましたが変わりません」
「本当に治るのかしら?怪しいところではないのか?」
「信頼できるのか?どんな資格を持ってる先生なのか?騙されるのでは?悪くなるのでは?どんな方法で?」、、、、、、
現在の悩みだけでなく、そのカウンセリングを受ける不安感、或は電話する以前に不安で電話すらできない方々と少なくないでしょう。

しかし、
当研究室では、平均2日前後の集中カウンセリングで問題の発見から正体を見破り、或は集中して右脳を使い一気に解消してきました。ですから、約9割の成功率ですからご安心ください。手法はその方の悩みや話をお聴きしながら必要な手法や技法を使います。大切なことはどのような資格や技法、手法であろうと、悩んでる苦しみを解消してあげれなければお金や時間の無駄です。

カウンセラーの肩書や名誉など重要なことではありません。大切なのは『結果』なのです。
『結果」が全てです。
『結果』が今より楽になりより自由な人生を歩めるようにしてあげることであり、苦しみの縛りを解いて解消する支援であり、

真のカウンセラーは私心を捨てて全身全霊で、任務遂行に徹すべきなのです。
そして必ず縁ある方を引き受けたからには良くするんだという使命感が重要です。
当研究室では日々に任務遂行であり、使命感のみが精神の中心にあり、不惜身命であります。
たとえ、世間がカラオケやお酒、ギャンブルなど娯楽など人生を楽しんでいても、そのような任務遂行と関係ないものは斬って捨てて諦めることと考えます。自制心を強化して、勇気ある行動できるカウンセラーであるべきと考えます。根底には愛です。多くの家庭問題には愛情不足等かあります。愛は全てを癒します。

オープンハート研究室
カウンセリングの任務
今ある悪質な縛りや固定観念、、などを解消する支援を行い
より自由ある人生
より希望を
より行動できる人生
より健康な人生へを
料金↓
https://okinawajapan.org/blog-entry-1.html

初めての方はお読みください

予約申込み・電話機番号・カウンセリング料金など

検索フォーム

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

オープンハート研究室

Author:オープンハート研究室
オープンハート研究室の使命
2018年以降カウンセリングの新規予約は行ってません
・心と身体の研究
・心と身体の健康
・潜在意識と表面意識の研究
・心理カウンセリング技法の開発
・カウンセリング支援
・実践カウンセラーを目指す方への教育
・自衛隊・海上保安官・警察官・教育関係機関へのボランティア支援
・災害時のトラウマ解消支援
・その他 ボランティア活動
プロフィール・料金

成功率約9割ですから他のカウンセリングと一線を画しています
その方に応じた技法・手法でカウンセリングします

当研究室に縁がある以前に、他社のカウンセリングでを受けた方もたまにいます。他社のカウンセリングでは、「カウンセリングで30分とか1時間とかのような短時間でカウンセリングを受けたことがあります。何も変わりません」とか
「話を聞いてもらえたのでその時は気分は悪くないのですが、翌日は今までと同じ症状」とかクライアント様よりお話をお聞きしました。

1時間のカウンセリングでは出来事の把握や友達同士の会話とほとんど変わらないでしょう。

ですから、当研究室では集中的に一気に数時間行います。平均2日で解消して終了です。

他社のほとんどのカウンセリングでは、問題の発見、本質や解消は1時間では無理です。
しかし、クライアントは慣れてないので、僅か1時間のカウンセリングでも、その前日から緊張したり、準備から、、、帰宅するだけでも時間もエネルギーも使います。またたった1時間、2時間では「前回どこまで話したのかな?今日はどんな話をするのか?」
などカウンセリング受けても苦痛で遅々と進まなかったそうです

また、
「いつまで通う必要があるのか?毎回5千円のカウンセリングでも厳しい、どうしたらいいのか?」
「これまでお金を使ってヒーリングや遠隔、占い、催眠、カウンセリング、いろいろ試しましたが変わりません」
「本当に治るのかしら?怪しいところではないのか?」
「信頼できるのか?どんな資格を持ってる先生なのか?騙されるのでは?悪くなるのでは?どんな方法で?」、、、、、、
現在の悩みだけでなく、そのカウンセリングを受ける不安感、或は電話する以前に不安で電話すらできない方々と少なくないでしょう。

しかし、
当研究室では、平均2日前後の集中カウンセリングで問題の発見から正体を見破り、或は集中して右脳を使い一気に解消してきました。ですから、約9割の成功率ですからご安心ください。手法はその方の悩みや話をお聴きしながら必要な手法や技法を使います。大切なことはどのような資格や技法、手法であろうと、悩んでる苦しみを解消してあげれなければお金や時間の無駄です。

カウンセラーの肩書や名誉など重要なことではありません。大切なのは『結果』なのです。
『結果」が全てです。
『結果』が今より楽になりより自由な人生を歩めるようにしてあげることであり、苦しみの縛りを解いて解消する支援であり、

真のカウンセラーは私心を捨てて全身全霊で、任務遂行に徹すべきなのです。
そして必ず縁ある方を引き受けたからには良くするんだという使命感が重要です。
当研究室では日々に任務遂行であり、使命感のみが精神の中心にあり、不惜身命であります。
たとえ、世間がカラオケやお酒、ギャンブルなど娯楽など人生を楽しんでいても、そのような任務遂行と関係ないものは斬って捨てて諦めることと考えます。自制心を強化して、勇気ある行動できるカウンセラーであるべきと考えます。根底には愛です。多くの家庭問題には愛情不足等かあります。愛は全てを癒します。

オープンハート研究室
カウンセリングの任務
今ある悪質な縛りや固定観念、、などを解消する支援を行い
より自由ある人生
より希望を
より行動できる人生
より健康な人生へを
料金↓
https://okinawajapan.org/blog-entry-1.html

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR