全ては流れ、流れ去っていく


多くの中国人が被害に遭われされている。

中国のヤクザの親分である習菌兵により、
共産党の幹部により、
警察や人民解放軍により、

多くの善良なる中国人が被害にあって殺害されたり、投獄されている。

病気になると看病されるのではなく、生きたまま焼却される者もいる

病気にならなくても、正しい発言をした者は拷問されて、臓器が切り取られて殺されてます。

本人から臓器提供を申し出た人はたったの3人
それ以外の数万人は、何も悪いことをしてなくて強制収容所に入れられて、最終的には心臓移植や肝臓や眼などでも何か一つでも注文が入り次第、切り取られて殺されている
20200328175523725.png

1999年から8年間だけでも14000人以上の臓器が切り取られてました。

判明してない人数を含めるとさらに多くなります。

何のためにこんなに酷いことをするのか?

お金儲けの為です。

日本の精神化の医師や看護師やカウンセラーや精神保健師らによって、多くの患者を生け贄にして金儲けしてる連中と、中国の臓器狩りビジネスと何もお金を儲ける為には、犠牲者が必要なのでしょうか?


「なんて酷いことをするのか」とも日本中は思いもしないで、マスクの転売者を批判してますが、、そうした連中は安ければ良いので文句ではなく、「便利になったね」と100円均一ショップの背後にある中国人奴隷に思いを寄せる人は少ないはずです。

武漢の現状の真相を報道するマスコミは存在しないです。習菌兵の心を心として、中国政府の感染者の数字をそのまま流すことで、中国に気に入られるようにして、デマを流して正義のふりをしているコメンテーターのあの司会者

中国の武漢では、
どれだけ酷いことをされてるのか?
どれだけ悔しい思いをしても、なす統べなくそのままさらに害されるのを待つだけで最終処分場のような扱い

テッシュペーバーより軽い命である
それは妄想ではなく現実であり、
過去の話ではなく現在進行形で起きてることであり、
今日も昨日もその映像を見ました。ウンザリするほど見ました。

なんで日本人は、中国人の被害に眼をつむり、
200万人以上の東トルキスタン人が拷問されてることよりも、金儲けと娯楽とお洒落な服にしか興味がないのか?

そんな酷い話は聴きたくないし見たくもない日本人がウジャウジャいるのでしょうね


数十年以上もボロボロになるほどボランティア活動をして来ましたが、満足した気持ちにはならないのです。

あちらにもこちらにも助けて欲しいと来ます

それは生きてる人も、生きてないで霊となった人も来ます。

助ける力はいくらあっても足りません

いつも力不足を感じます。

世界国々の辛い人生を歩んでる人々を助ける力がいくらでも欲しいと願います。

悪を止める為には時間とお金をつぎ込んで大事な人生がどんより過ぎ去りました。

これからさらに混乱と紛争と混沌と恐慌が起きるはすですので、益々、力不足を嘆くでしょうね

と言っても、自分達の愛する犬さえ助ける力もないのですから、、、、

今日からほとんど目が見えなくなりました。

水も口に近づけないと水のありかさえ分からなかったようです。水を口に近づけたら、いくらでも飲みました。昨日から飲んでなかったような飲み方でした。

20200328181023225.jpg



20200328181121127.jpg



202003281812135de.jpg


犬も涙を流したりしますが、目薬なのか?涙なのかは分かりません。

分かるのは自分が涙を流しながら、愛する犬に何もしてやれないことです。

幸せな犬なのでこうけんとみんなが呼んでくれてます。
母親に貢献するようにという思いを込めて、
幸犬なのです。

人間の年齢だと100才くらいでしょう


自分のせいで、目が見えなくなったのか?
病院にも連れてあげれてませんので、見えなくなりました。


とてもお利口さんで、鎖をするのを忘れてファミマに連れて散歩したときも、俺がファミマから出てくるのをひたすら待ってくれてます。

腐りをしてないので、ファミマのお客さんが心配してる時もよくあります。

誰にも吠えないし噛まないし、犬の餌を猫が食べてても、そのまま食べさせてあげる優しい犬です。


今日は目が見えてないので、散歩の時に電柱にぶつかったらしまい、、少しびっくりさせてしまいました。

水を飲んでなかったからかオシッコ一度もはしませんでした。


この世での人生も残り僅かなのかな?
でも愛する犬の為に、生命の延長は望みません。

こうけんも命に執着してないはずです。

犬は自然に逝くのを受け入れてるからです。

人間の飼い主がが悲しいからとして、人間の身勝手で、命の延長を望むことは、犬はそれに答えようとして、苦しみが延びるのです。


、だから、いつ逝ってもいいように、寄り添って
撫でてあげて、ありがとうと声をかけてあげるのです。

今日はの沖縄は夕方から雨が降りました。


中国の新型コロナウイルスに感染した場合は、
誰も家族も見舞いには行けないようです。


なので、後悔しないように皆様も親にありがとうと言って、愛を示して夜はねましょうね

この世の全ては流れ、流れて、流れ去っていくのです。

こうけん、ゴメンね。至らなくてごめんなさい

こうけんありがとう

20200226133611569.jpg


武漢肺炎で亡くなられた方

武漢肺炎治療スタッフとして医療で感染して亡くなられた方

各国の武漢肺炎で亡くなられた方

臓器狩りで亡くなられた方、

、、全ての亡くなられた方々が、主の光で、神様や仏様の光で、癒されますように


ウイルス生物兵器対策と治療法
中国ウイルス湖北省だけで48万人感染
精神病や自殺者や発達障害の増やし方
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

オープンハート研究室

オープンハート研究室の使命
2018年以降カウンセリングの新規予約は行ってません
・心と身体の研究
・心と身体の健康
・潜在意識と表面意識の研究
・心理カウンセリング技法の開発
・カウンセリング支援
・実践カウンセラーを目指す方への教育
・自衛隊・海上保安官・警察官・教育関係機関へのボランティア支援
・災害時のトラウマ解消支援
・その他 ボランティア活動
プロフィール・料金

成功率約9割ですから他のカウンセリングと一線を画しています
その方に応じた技法・手法でカウンセリングします

当研究室に縁がある以前に、他社のカウンセリングでを受けた方もたまにいます。他社のカウンセリングでは、「カウンセリングで30分とか1時間とかのような短時間でカウンセリングを受けたことがあります。何も変わりません」とか
「話を聞いてもらえたのでその時は気分は悪くないのですが、翌日は今までと同じ症状」とかクライアント様よりお話をお聞きしました。

1時間のカウンセリングでは出来事の把握や友達同士の会話とほとんど変わらないでしょう。

ですから、当研究室では集中的に一気に数時間行います。平均2日で解消して終了です。

他社のほとんどのカウンセリングでは、問題の発見、本質や解消は1時間では無理です。
しかし、クライアントは慣れてないので、僅か1時間のカウンセリングでも、その前日から緊張したり、準備から、、、帰宅するだけでも時間もエネルギーも使います。またたった1時間、2時間では「前回どこまで話したのかな?今日はどんな話をするのか?」
などカウンセリング受けても苦痛で遅々と進まなかったそうです

また、
「いつまで通う必要があるのか?毎回5千円のカウンセリングでも厳しい、どうしたらいいのか?」
「これまでお金を使ってヒーリングや遠隔、占い、催眠、カウンセリング、いろいろ試しましたが変わりません」
「本当に治るのかしら?怪しいところではないのか?」
「信頼できるのか?どんな資格を持ってる先生なのか?騙されるのでは?悪くなるのでは?どんな方法で?」、、、、、、
現在の悩みだけでなく、そのカウンセリングを受ける不安感、或は電話する以前に不安で電話すらできない方々と少なくないでしょう。

しかし、
当研究室では、平均2日前後の集中カウンセリングで問題の発見から正体を見破り、或は集中して右脳を使い一気に解消してきました。ですから、約9割の成功率ですからご安心ください。手法はその方の悩みや話をお聴きしながら必要な手法や技法を使います。大切なことはどのような資格や技法、手法であろうと、悩んでる苦しみを解消してあげれなければお金や時間の無駄です。

カウンセラーの肩書や名誉など重要なことではありません。大切なのは『結果』なのです。
『結果」が全てです。
『結果』が今より楽になりより自由な人生を歩めるようにしてあげることであり、苦しみの縛りを解いて解消する支援であり、

真のカウンセラーは私心を捨てて全身全霊で、任務遂行に徹すべきなのです。
そして必ず縁ある方を引き受けたからには良くするんだという使命感が重要です。
当研究室では日々に任務遂行であり、使命感のみが精神の中心にあり、不惜身命であります。
たとえ、世間がカラオケやお酒、ギャンブルなど娯楽など人生を楽しんでいても、そのような任務遂行と関係ないものは斬って捨てて諦めることと考えます。自制心を強化して、勇気ある行動できるカウンセラーであるべきと考えます。根底には愛です。多くの家庭問題には愛情不足等かあります。愛は全てを癒します。

オープンハート研究室
カウンセリングの任務
今ある悪質な縛りや固定観念、、などを解消する支援を行い
より自由ある人生
より希望を
より行動できる人生
より健康な人生へを
料金↓
https://okinawajapan.org/blog-entry-1.html