オープンハート研究室

心と身体の研究・心と身体の健康・潜在意識と表面意識の研究・心理カウンセリング技法の開発・カウンセリング支援・実践カウンセラーを目指す方への指導

0

医師、国家資格、大学教授、権威、専門家、政治家の主張は正しいのか!



最近は、カウンセリングの記事をほとんど書いてなく、コロナのデマをマスコミがながすので、コロナ関連の雑談が増えてます。

このブログもカウンセリングの内容から遠くなりましたね(笑) それでも受付中ではあります(^-^)。カウンセリングの成功率は脅威の約9割です。

もし、あなたが精神化で2年間も通っても治ってないならば、成功率は0%ですね。
成功率9割といのがどれだけ凄いか分かるはずです。しかも10年ではなく、ほとんど1日から2日で消して終了です。


前回の【素人の気概】の続きを少し追加しながら、この戦争に生き延びて勝利しなければなりません。

前回の【素人の気概】では、
「去年12月から今年2月までで日本から4千万枚のマスクを中国人が買い占めた理由は、日本人にマスクをさせないで感染者を増やす為でした」とも記載しましたが、当然、中国の国民がマスクが足りないから、中国の国家動員法に基づいて、日本国内にいる中国人留学生も、人民軍の兵士になった事を意味します。日本から留学費用や空港費用から、住居費用貰ってながら、さらに学費まで無料にした、お礼がマスクの買い占めだったのですね。

当然、世界は中国と戦争中なのでこれだけで終わるはずはなく、当ブログでも2月頃に野菜が足りなくなると警告した通り中国では野菜や食料はありませんので、日本国内にいる中国人留学や中国人が、中国の国家動員法の発令に基ずいて、日本の米や缶詰めやラーメンなど日持ちするのを買い占め命令がでてるはずです。 来週の4月13日以降からは缶詰めなども中国人に買いだめされて消える可能性があります。買いだめは駄目と言って中国工作員らが買いだめする食料支援をしてはなりません。買わないと中国人にみんな買われてしまいます

それは、分からないように買い占められて気づいたときは既にコンビニやスーパーの棚はガラガラで何もない状況になるのは今月から来月の期間になるはずです。だから前に伝えた通りに、このブログとファンの皆さまには、なんと言われようが買いだめして、生き延びてくださいという事を伝えました。

それ以外の事も伝えた通りです。

中国の北京では、来週位前後にクーデターや暴動が起きるので、習近平は北京に人民解放軍を集めました。ロシアはロシア国内にいる国家動員しで中国工作員化した15万人を中国へ強制送還させてる途中です。買い占められては食料がマスクのように消えますからね。当然です。

前回の【素人の気概】は、素人の気概だけでなく、神々の気概や我が国の英霊の気概も確かに入ってましたが、通常このブログでの記事は、自分が思い付きで書いていくやり方なので、途中でいろいろ思い付いたりインスピレーション?を得たりでどうなる記事かを限定しないで自由に伝えてます。

前回の【素人の気概】で、
『専門家や国家資格や政治家やマスコミなどの間違えてばかりの地位や立場を守る事に執着した側の主張では守ることは不可能です』と伝えた通り、

政府が間違った中国新型コロナウイルス生物兵器の対策や政策を発表してました。残念ですね。
日本は益々これからドンドン沈む道の政策を決定したようです。

中国新型コロナウイルスにより世界中が外出規制により自宅で過ごしてるので、仕事や会議もZoomというアプリを使用してる人々が増え続けてるようです。

しかし、FBIはこのZoomを使用は危険と発表し、アメリカでは政府期間や国家的な施設などは使用をしてません。

しかし、そのニュース報道とは真逆の下記のヤフーニュースで使用しても大丈夫と主張する信用ならないので「専門家」を発見しました。

Zoomを安全に利用する4つのポイント。Zoom爆弾や情報漏えいへ対処する。
https://news.yahoo.co.jp/byline/ohmototakashi/20200406-00171691/

国士舘大学経営学部非常勤講師の「専門家」のニュースのプロバガンダ?によると「最新にアップデートことで情報漏洩は解消できる」と断言してるが、実際はマスコミや大学教授や記者に工作系が混入して中国側の手下になってる連中が多い

この米国に本社があるZoomに関してですが、中国のオリジナルに暗号に変更して、その情報を北京に送信されて盗まれるようです。中国に3つの支店(計700人)があり、社長は中国系のアメリカ人の遠征(エンセイのエンは遠から左側の漢字を抜いたもの)工作系ですね。韓国産のLINEも情報は韓国へ流れてますよね。

このように専門家野郎の主張及びマスゴミのニュースにはデマが混入して危険性があります。

セキュリティ専門家、マスコミ、国家資格、政府、医療専門家、どれもそのまま信用しやすい名前ではありますが、実態はどうなんでしょうか?


例えば、安倍首相が4月2日に新型コロナウイルスによる収入が減った場合は、1世帯20万円を政府が支給するとニュースをしました。↓
https://youtu.be/tQp7onPyxoQ

しかし、そのたった3時間後くらいには、安倍首相は1世帯に30万円を支給すると宣言しました。

このパフォーマンスから何が分かるのかと言うと「お前ら日本国民より、私安倍首相を敬え」と言う潜在意識があるはずです。

劇団安倍軍団の岸田政調会長が「本当は最初から1世帯30万円支給の予定ですが、私(岸田政調会長)が1世帯20万円の提案資料を安倍首相にお渡ししますから、それに10万円の上乗せして再度発表したら、あなた(安倍首相)の国民からの人気が得られますから、その作戦でいきましょう」と言う筋書き通りの安倍劇団を見せられた訳です(笑)。

それで、2日の当日の三時間後の発表があるのです。劇団安倍劇団を信じられないならあなた自身で調べてください。
https://youtu.be/G0Hfo_1dAgw

従って、「私安倍首相の輝かしい歴史を少しでも多く残すために、あなた方国民は私安倍首相に奉仕すべきであるのです」と言う事で、コロナちゃんの感染予防や対策よりコロナちゃんを利用して名誉のアップが本年なのです(笑)

その安倍と岸田さんのやり方を調べれば分かるはずです。


それが専門家らのやり方です。国民の生命より地位や名誉が優先事項であるのす。悪質ですね


また、コロナちゃんで売上が減った企業に200万円支給し、個人企業に100万円支給して、雇用を確保して失業者を出さない対策として専門家連中のまとめた案を安倍首相は発表しました。

これは正しいのか?をド素人の俺が考えてみると、

20200407113539693.jpg
国際通りの現在4月7日(火)

例えば、那覇市の国際通りは中国人観光客や反日韓国人観光客に依存してましたが、今はコロナちゃんでガラガラで国際通りに立ってるのは店員の姿です

例えば、国際通りに観光客相手の店舗に200万円支給しても、10人のスタッフ(給料20万円×10人分)で200万円は消えます。家賃にも消えます。たった1ヶ月の倒産を延長した政策ですね。

国際通りの店舗やホテルは中国人と韓国人をメインにした外国人観光客に依存してるので、国際線が停止してるので、1ヶ月の現金支給してもしなくても倒産する店舗は倒産するしかないのです。
止める事はできませんし、不平等の政策です。

それが国際通りのみならず、全国で不平等政策による血税を無駄に奪われてるのです。

現在は戦争中であります。トランプ大統領も戦時下大統領と本人も言ってます。

先の大戦後の時に店舗やホテル企業が倒産しないような政策が行われてましたか?と言うことです。
食べるだけでも大変な状況なので、昭和天皇は、Gマッカーサーに対して、「自分(昭和天皇陛下)の命はどうなっても良いから国民に食料を与えてください」(言葉は正確ではありません)と頭を下げてマッカーサーにお願いしました。

そうなんです。食べる食料が政策の最も重要な政策なのです。店舗や企業が倒産して失業すべきは失業したとしても、食料と住む場所を失わなければ再生はできるのです。


ですから、倒産の延長ではなく、個人個人の(1世帯ではない)食料と住む場所の提供の政策を専門家連中はすべきでした。

倒産すべきでものを1ヶ月延長して無駄使いを別の事に回すべきでした。

失業した方々から、中国に依存してた依存症製品の企業を立ち上げるチャンスなのです。ヤクザ中国国家などの反社会的なの観光客や中国企業に依存することが最初から悪であったのす。

最初から国家が、国民が危険に陥ることは素人の我々でも十年前から想定内なのです。

十年前から政治家の政策も中国依存の企業も間違っていたです。それを今頃救ってくださいと言っても、ある程度は死ぬしかありません。これを国家や国民の自業自得と言います。

医療感染も生物兵器だと認識してないし、生物兵器の扱い方や防護の方法も知らん看護師や医師や医療関係者が院内感染で死ぬのも当たり前です。

例えば、赤いペンキを中国新型コロナウイルスと仮定した訓練を試してください。

病院の受付に赤いペンキや赤い液体を手や洋服に付着させた患者が来たとします。

受付のボールペンや受付用紙には赤い液体やペンキが付着します。

次の感染してない患者が同じ受付時の受付用紙とボールペンを使って記載しますので、次の患者の手に赤い液体やペンキは付着します。これで中国新型コロナウイルスが感染したのです。

次にその感染させられた患者や最初の感染者も椅子に座ったり、医師とか面談時に椅子に座ったりして椅子にも付着させるで、椅子から立ち上がった患者の椅子を看護師が元に戻すので看護師の手に赤い液体やペンキが付着します。

医師はトイレに行き便器にを座る時に感染した手袋を外すしでウンチをしますが、トイレを流すときに付着したり、また同じ手袋の使用なら手袋するときに付着するでしょう。

2メートル離れても意味はそんなにありません。空気で感染するからです。

また、防護衣を着けた医師が帰宅時に、防護衣を脱いで、帰宅時にそのまま私服で入るならば、空気感染で付着した私服を洗濯機に入れる時に感染したりするリスクはあります。

ボールペンを100本準備して、毎回受付のスタッフは受付用紙とボールペンを新しいのに変更して、100本使ったのはオゾンかエタノールなどで消毒して再度ボールペンを一本を受付の場所のもどす手法なら安全でしょう。

生物兵器の訓練を受けてないので受付がボールペン100本を同じ箱に入れると赤い液体やペンキは付着します。それは、飲食店での割り箸と同じように感染の危険性があります。

爪の隙間に通常は赤い液体やペンキは手を洗ってても落とせてない場合がほとんどです。

赤い液体やペンキは、中国新型コロナウイルスの比喩として、感染イメージが分かりやすく説明しました。


本日4月7日(火)、安倍首相が緊急事態宣言をしたようですが、意味のない政策宣言です。

本来は緊急にならない前に県外へと移動を禁止し、市町村外への移動までも禁止を最初の数人の時に40日間の潜伏期間に行うならば、まだ意味はあったでしょうね。

現在専門家らと馬鹿すぎる安倍首相らは緊急事態宣言してますが、電車にも乗れるし、移動もできるのです。絵に書いた餅であります(笑)

当研究室では、それらも最初から馬鹿な専門家の手法は想定内でしたから、【政府による外出禁止令は良くない】と既に伝えました。
https://okinawajapan.org/blog-entry-88.html

国家や企業の破壊をドンドン行う方法が、その専門家らが安倍首相に提案してる方法なのです(笑)

だから、本日緊急事態宣言の通り、日本がさらに闇に沈むのが本格的になったスタートが本日なのです(笑)

医療関係者は二重(または三重)手袋を常にしないと付着するでしょうね。ポケットから新しいマスクや手袋を出すときに、ポケットにウイルスが付着してるのに手をポケットに入れる時に付着しますよね。

赤いペンキのような液体訓練を試してください。

病院内にも施設にもオゾンのミクロの噴霧で中国新型コロナウイルスを空気中も全ての触れる場所も制圧出来ると以前伝えた通りです。人間の吸う空気も制圧できます。

常識の破壊に挑戦でも「普通」という言葉の背後にある危険性や悪を伝えました。

世界へ関心を持っメリットでは、日本のマスゴミが中国に関する悪い報道をしない協定を中国と結んでるので、日本マスゴミが隠蔽してる中国新型ウイルス生物兵器の情報を伝えました。

しかし、一番重要で伝えたい事として、尚且つ日本国民(世界の精神化でも同じ)の健康な一般人が病気のレッテルを貼られて、尚且つ、何の根拠もなく、問題が脳内の物質の不均衡によるものだと患者を洗脳して、薬で脳をいじる精神化医死らによって薬物依存症にさせられ、寝たきり、人格破壊、脳の破壊、身体拘束、拉致監禁、電気ショックなどによってなどによって多くの人びとが暗殺(1日平均60人)されてきて、未だに殺害し続けていることを伝えて来ました。それは、本来は、単なる心の問題やトラウマや不安症が、精神医学や精神化医らによって死に至らす病になってる事実を散々伝え続けて来ました。その精神化の正体の詳細は精神化で治るのか?の冒頭にある紹介URLなどをお読みください

即ち、専門家とか、大学教授とか、医師や臨床心理士や薬剤士などの国家資格とか、政治家とか政府とか、そのような信頼性のある名前に、あなたがやほとんどの人々が自動化で洗脳されたり、或いは悪意に騙されたりして、あなたの人生を苦しみや不幸、病気や死に至らしめ、自由を奪われている事を、これまで何度も伝え続けて来ましたし、今も伝え続けてます。

この皆様が信じてる常識とか固定観念が、あなたの人生に悪い影響を与え続けているのです。

これらの事実を単に批判するだけでに留まらず、批判の為の批判ではない事の証明にもなりますが『では、どうしたら良くなるの?』と具体的に解消する支援を行ってきました。それは、自分の生命を削って危険性を冒して、お金をつぎ込んで、人生の時間などの代償を支払いました。

ですから、当研究室では、常識への挑戦として、何の資格を持ってるとか持ってないとか、体験談など実績をほとんど公開しない事による不利な面を認識しながら、常識の枠には入らない努力を示す事で、皆さまが、間違った常識や専門家や資格やマスコミ情報などに騙されないように、或いは鵜呑みにしないよに、目覚めて頂きたいのですね。

勿論、このブログそのものも内容が必ずしも全て正しいのでは有りませんから、鵜呑みに信じる必要はなく、慎重になってあなたの良心やその他の情報なども調べたり勉強したりして、真実や正しさを探求、追及してより良き人生も自由を得て頂ければ幸いです。このブログの内容も間違いは存在します。特にコロナの数字は必ずしも正解ではありません。例えば、当ブログで2月18日投稿の記事で湖北省の感染者は48万人と推測しました。
現在4月で2日では72万人とありますので、必ずしも一致してません。
しかし日本のマスコミの中国全体で9万人以下の数字とは一線を隠してます。桁が全然違います。


さて、そろそろ本題の伝えたい事伝えます。
愛する読者のみに行って対策して欲しい事は、
アルギニンを家族人数分位を仕入れて購入されてください。
2020040712401052a.jpg


一酸化窒素摂取でビーツでのみで感染した場合は難しいので、自発的呼吸をするためには、一酸化窒素が必要ですし、一酸化窒素を身体が作ってますが、肺に一酸化窒素が不足したままだと人口呼吸しても自発的呼吸に戻らないリスクがあるので、一酸化窒素を増やす必要が急務です。

しかし、病院の専門家らは、一酸化窒素を無視してますので、あなたが自ら一酸化窒素を増やす必要があります。感染した場合の話です

それで、一酸化窒素ガスは危険なので、雷も使えないので、、、アルギニンを摂取するとアルギニンから一酸化窒素が作られます。それで肺対策はOKです。

アルギニンは約5g前後を多量に摂取します。
回数は1日一回では足りないでしょう。

アルギニンは、刺激が強く胃を痛めますが仕方ありません。コンビニに売られてるクエン酸ドリンクなど中和して混ぜて飲むことで中和されるようですから、それで飲んでください。写真の製品だと大さじ2~3杯程度です。

下痢するかも知れませんが仕方ありません。

逆流性食道炎などの方は水にアロエの透明な部分を千切りにして、食道を保護してから飲むと大丈夫です。

また、普段から逆流性食道炎の方はアロエの透明部分を水に入れて飲むと痛みもその日で取れて、1週間以内に症状は消えるはずです。そのときに食べて直ぐに横になる癖は我慢してやめてくださいね。

決して専門家の医師に相談する事はオススメできません。なぜなら、アルミニウムを飲まされて認知症にさせられ脳を破壊させられるからです。 そのような医師や薬剤士などの専門家らは、逆流性食道炎がなぜ起きてるのか原因そのものを認識してません。

アルギニンは身体で作られるものですが足りないと呼吸に影響します。健康な人が飲んでマラソンすると楽に呼吸ができるかもしれません。

このように血管拡張があります。


もちろん、このブログの全ての内容は根拠も証拠も全くありませんし、根拠を示す気持ちは100%ありません。くだらん根拠や証拠は大学教授らに聞いてください

また、最後に言いたい事は、恐怖感や不安感などは、中国新型コロナウイルスの影響をモロに受けます。以前伝えた通りコロナウイルスに感謝してください。

コロナウイルスはあなたのエネルギーに影響されます。コロナウイルスのほとんどがエネルギー的なものなので、ネガティブな攻撃な思考や不安感や恐怖感のエネルギーに、コロナウイルスの集合エネルギーに付着した場合に良くない影響があるからです。

ですから、個人的には昨日は西原や南風原のジャスコイオンにも感染者もでて楽しみなのです。

やっと西原にも来たのか、ジャスコにも来たのかと楽しみだったのです。

こなような気持ちが新型コロナウイルスと調和できるのです。

虫や菌が寒くなる死にやすいのですが、死んだ霊的菌やウイルスの集合エネルギーが、インフルエンザとして感染したりするのですが、冬に増える理由は寒くなるとそのウイルスや菌が死にやすいからです。

ですから、風邪もウイルスの集合エネルギーですから、怒って人に携帯電話で電話すると、相手に風邪のエネルギーが電話を通して感染する可能性はなきにしもあらずです。

信じなくてOKです。

少しでもコロナちゃんに感謝して、良くない影響を受けないなら幸いです。

もちろん感染したら、一酸化窒素やオゾン治療が必要と個人的には思います

皆さの考えや行動はあなたの自由です。
このブログの主張を受け入れなくてもOKです。

自由に個人的思考や考え方を述べてるだけですから、、、


ありがとうございます

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント
My profile

Author : オープンハート研究室

オープンハート研究室の使命
2018年以降カウンセリングの新規予約は行ってません
・心と身体の研究
・心と身体の健康
・潜在意識と表面意識の研究
・心理カウンセリング技法の開発
・カウンセリング支援
・実践カウンセラーを目指す方への教育
・自衛隊・海上保安官・警察官・教育関係機関へのボランティア支援
・災害時のトラウマ解消支援
・その他 ボランティア活動
プロフィール・料金

成功率約9割ですから他のカウンセリングと一線を画しています
その方に応じた技法・手法でカウンセリングします

当研究室に縁がある以前に、他社のカウンセリングでを受けた方もたまにいます。他社のカウンセリングでは、「カウンセリングで30分とか1時間とかのような短時間でカウンセリングを受けたことがあります。何も変わりません」とか
「話を聞いてもらえたのでその時は気分は悪くないのですが、翌日は今までと同じ症状」とかクライアント様よりお話をお聞きしました。

1時間のカウンセリングでは出来事の把握や友達同士の会話とほとんど変わらないでしょう。

ですから、当研究室では集中的に一気に数時間行います。平均2日で解消して終了です。

他社のほとんどのカウンセリングでは、問題の発見、本質や解消は1時間では無理です。
しかし、クライアントは慣れてないので、僅か1時間のカウンセリングでも、その前日から緊張したり、準備から、、、帰宅するだけでも時間もエネルギーも使います。またたった1時間、2時間では「前回どこまで話したのかな?今日はどんな話をするのか?」
などカウンセリング受けても苦痛で遅々と進まなかったそうです

また、
「いつまで通う必要があるのか?毎回5千円のカウンセリングでも厳しい、どうしたらいいのか?」
「これまでお金を使ってヒーリングや遠隔、占い、催眠、カウンセリング、いろいろ試しましたが変わりません」
「本当に治るのかしら?怪しいところではないのか?」
「信頼できるのか?どんな資格を持ってる先生なのか?騙されるのでは?悪くなるのでは?どんな方法で?」、、、、、、
現在の悩みだけでなく、そのカウンセリングを受ける不安感、或は電話する以前に不安で電話すらできない方々と少なくないでしょう。

しかし、
当研究室では、平均2日前後の集中カウンセリングで問題の発見から正体を見破り、或は集中して右脳を使い一気に解消してきました。ですから、約9割の成功率ですからご安心ください。手法はその方の悩みや話をお聴きしながら必要な手法や技法を使います。大切なことはどのような資格や技法、手法であろうと、悩んでる苦しみを解消してあげれなければお金や時間の無駄です。

カウンセラーの肩書や名誉など重要なことではありません。大切なのは『結果』なのです。
『結果」が全てです。
『結果』が今より楽になりより自由な人生を歩めるようにしてあげることであり、苦しみの縛りを解いて解消する支援であり、

真のカウンセラーは私心を捨てて全身全霊で、任務遂行に徹すべきなのです。
そして必ず縁ある方を引き受けたからには良くするんだという使命感が重要です。
当研究室では日々に任務遂行であり、使命感のみが精神の中心にあり、不惜身命であります。
たとえ、世間がカラオケやお酒、ギャンブルなど娯楽など人生を楽しんでいても、そのような任務遂行と関係ないものは斬って捨てて諦めることと考えます。自制心を強化して、勇気ある行動できるカウンセラーであるべきと考えます。根底には愛です。多くの家庭問題には愛情不足等かあります。愛は全てを癒します。

オープンハート研究室
カウンセリングの任務
今ある悪質な縛りや固定観念、、などを解消する支援を行い
より自由ある人生
より希望を
より行動できる人生
より健康な人生へを
料金↓
https://okinawajapan.org/blog-entry-1.html

初めての方はお読みください

予約申込み・電話機番号・カウンセリング料金など

検索フォーム

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

オープンハート研究室

Author:オープンハート研究室
オープンハート研究室の使命
2018年以降カウンセリングの新規予約は行ってません
・心と身体の研究
・心と身体の健康
・潜在意識と表面意識の研究
・心理カウンセリング技法の開発
・カウンセリング支援
・実践カウンセラーを目指す方への教育
・自衛隊・海上保安官・警察官・教育関係機関へのボランティア支援
・災害時のトラウマ解消支援
・その他 ボランティア活動
プロフィール・料金

成功率約9割ですから他のカウンセリングと一線を画しています
その方に応じた技法・手法でカウンセリングします

当研究室に縁がある以前に、他社のカウンセリングでを受けた方もたまにいます。他社のカウンセリングでは、「カウンセリングで30分とか1時間とかのような短時間でカウンセリングを受けたことがあります。何も変わりません」とか
「話を聞いてもらえたのでその時は気分は悪くないのですが、翌日は今までと同じ症状」とかクライアント様よりお話をお聞きしました。

1時間のカウンセリングでは出来事の把握や友達同士の会話とほとんど変わらないでしょう。

ですから、当研究室では集中的に一気に数時間行います。平均2日で解消して終了です。

他社のほとんどのカウンセリングでは、問題の発見、本質や解消は1時間では無理です。
しかし、クライアントは慣れてないので、僅か1時間のカウンセリングでも、その前日から緊張したり、準備から、、、帰宅するだけでも時間もエネルギーも使います。またたった1時間、2時間では「前回どこまで話したのかな?今日はどんな話をするのか?」
などカウンセリング受けても苦痛で遅々と進まなかったそうです

また、
「いつまで通う必要があるのか?毎回5千円のカウンセリングでも厳しい、どうしたらいいのか?」
「これまでお金を使ってヒーリングや遠隔、占い、催眠、カウンセリング、いろいろ試しましたが変わりません」
「本当に治るのかしら?怪しいところではないのか?」
「信頼できるのか?どんな資格を持ってる先生なのか?騙されるのでは?悪くなるのでは?どんな方法で?」、、、、、、
現在の悩みだけでなく、そのカウンセリングを受ける不安感、或は電話する以前に不安で電話すらできない方々と少なくないでしょう。

しかし、
当研究室では、平均2日前後の集中カウンセリングで問題の発見から正体を見破り、或は集中して右脳を使い一気に解消してきました。ですから、約9割の成功率ですからご安心ください。手法はその方の悩みや話をお聴きしながら必要な手法や技法を使います。大切なことはどのような資格や技法、手法であろうと、悩んでる苦しみを解消してあげれなければお金や時間の無駄です。

カウンセラーの肩書や名誉など重要なことではありません。大切なのは『結果』なのです。
『結果」が全てです。
『結果』が今より楽になりより自由な人生を歩めるようにしてあげることであり、苦しみの縛りを解いて解消する支援であり、

真のカウンセラーは私心を捨てて全身全霊で、任務遂行に徹すべきなのです。
そして必ず縁ある方を引き受けたからには良くするんだという使命感が重要です。
当研究室では日々に任務遂行であり、使命感のみが精神の中心にあり、不惜身命であります。
たとえ、世間がカラオケやお酒、ギャンブルなど娯楽など人生を楽しんでいても、そのような任務遂行と関係ないものは斬って捨てて諦めることと考えます。自制心を強化して、勇気ある行動できるカウンセラーであるべきと考えます。根底には愛です。多くの家庭問題には愛情不足等かあります。愛は全てを癒します。

オープンハート研究室
カウンセリングの任務
今ある悪質な縛りや固定観念、、などを解消する支援を行い
より自由ある人生
より希望を
より行動できる人生
より健康な人生へを
料金↓
https://okinawajapan.org/blog-entry-1.html

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR