うつからの脱出は難しくない



201812260122534a7.jpg
20181226012318631.jpg
『この美しすぎる朝焼けを見たときに、日本に地震が今日は来るね』と思ってましたが、当日はインドネシアへ災害は来てましたね。


【うつの脱出は難しくない】ってタイトルに反論したり、批判したりしたくなる方もいるかもしれません

ここで言ううつは心理的面からのうつの事です。

例えば、学校で苛めにあった。或いは職場でパワハラやセクハラされた。先生或いは上司に訴えたら、「お前が悪い」と逆に加害者にされて仲間はずれにされた。
それがきっかけで一ヶ月後にはうつになった。

以上のようにここで言ううつは人間関係などこのようなきっかけでの本当の意味でのうつの事です。腸内フローラの汚染やトキシン(下記を参照)↓や科学物質によるうつは、当研究室ではうつではありません。当研究室のうつの定義は心理的なきっかけから現れるうつの事です。それを本当の意味でのうつと簡単に定義してます。

今、伝えた通り腸内フローラの汚染やその汚染微生物によるリーキーガットリーキーガット症候群或いはトキシンによるうつはうつではなく、今述べた事が原因になります。

下記のセミナーでもパニックの原因の多くはトキシンであると伝えました。
うつからの脱出

そのトキシンによるうつ或いはリーキーガット症候群によるうつ、科学物質によるうつなど身体系からのうつは、当研究室ではうつとは言いません。リーキーガット症候群は悪い微生物と除草剤や農薬や科学物質系、添加物などによるものと考えてます。

話しはタイトルの【うつからの脱出は難しくない】に戻りますが、本来のうつは、先の例で言えば、その苛めやパワハラの時のトラウマを解消すればその日でうつは消えるのです。

しかし、トラウマの解消をしないで、
薬物にてを出したりしていろいろな薬物を増やしたり変更して脳を麻痺させたり脳に傷つけたり、身体をボロボロにすることで、本当にうつは悪化するのだと考えてます。


うつになって3ヶ月以内にプロのカウセリングを受けることで1日から3日以内にはうつから脱出できるのです。本当に簡単なのです。

それをしないで、抑圧し、薬物で身体をボロボロにしたならば、脱出を難しくしたり、取り返しつかない事をしたり、薬の副作用で自殺したりするものと考えます。これは、当研究室の勝手な意見ですが、批判があればこれ以上読まなくて結構です。医師や薬剤師の指示に従ってください。

このサイトの全ては、集中カウセリングを受ける方のみ限定で書かれたものです。

読んでも病気が治ることはありません。トラウマが読んで治ることもありません。恐怖感や失恋や自責や自己嫌悪が読んで治ることもありません。

集中カウセリングを受ける方の為にのみこのサイトはあります。それとストーカー問題で困ってる方及びプロのカウンセラーを目指したい方が追加されてます。それ以外の方は読まないでください。


最近は沖縄のある医師や或いは冷やかし電話、嫌がらせ電話、探りの電話などが増えてるので、ついでにここでお伝えしときますね、
後、最近の事ですが電話番号のところが汚く破られてるポスターが20枚くらいあり嫌がらせ?嫉妬?がありました。
せっかくだから、こちらでも電話番号2桁をカットするお手伝いサで20枚くらい追加しときました。((笑))←意味がほとんどの人は分からないはずですが、分からない人はそのままスルーしてください


話しは戻りますが、うつになるきっかけのトラウマを解消すればその日でうつから脱出できます。
脱出は簡単です。難しくありません。


問題は、人生観がうつ的な人生観になってた場合は、うつ的な人生観を変更しなくてはなりません。うつ的な人生観の1つが下記のセミナーでもお伝えしました通りです。変更するかしないかは本人次第なのですが、変更しないならうつからの脱出しても、時間の問題で再度うつになる可能性は高いはずです。ならない場合は別の心理的パターンの傾向性の人生を歩むでしょうね。

ですから、うつになった場合は出来れば3ヶ月以内に集中カウセリングによってうつのきっかけになったトラウマを処理することです。

さらにお金に余裕があれば、或いは心を浄化して良くなりたいならば、その他の感情やトラウマも処理することで、ピノキオ症候群的な人生観を変更しやすくなります。


過去のトラウマを解消しないでは、人生観の変更はかなり難しいでしょう。なぜなら処理しない限り永遠に過去から悪いエネルギーが影響し続けるからです

うつからの脱出

その
うつの原因を世界初?でで約10年前近くに発表しました。誰もはっきりとうつの原因をその頃は言ってる文献は(個人的にな)見たことありませんでした(うつの専門書にもうつの分析やうつの判断基準しか見当たりませんでした)

うつからの脱出 の動画は2013年の5年前ですが、それから、日本にこの考え方が浸透して来つつあります。

セミナーにある『ピノキオ症候群』という言葉も当研究室の造語です。

現在は①と②だけ公開しそれ以外の⑦までは非公開にしました。人数限定と書いた通りです。

①の内容は多少難しいと思われるので②だけで暇があれば聴いても良いのかなと思います。↓
うつからの脱出②


心理的な問題ではなく、薬物や科学物質やその他の身体的問題からの場合は脱出は難しいかと思います。

しかし、便移植療法で多くの問題は解消されると信じます。それは以前伝えた

便移植療法、、、 を読まれると良いでしょう。

リーキーガットや腸内フローラの汚染は以前伝えた多くの身体的な問題は腸内フローラの微生物を悪化させる抗生物質、科学物質、農薬、除草剤、殺菌剤などが大きく影響してるかと思います。

また、アメリカのモンサントによる食料支配の為にF1の種子にあらゆる野菜や農作物が変更されて、そのF1の種から育った野菜や農作物を食べる事で、、、、男性の場合は精子が減少したり、人間より小さいので影響を受けやすい蜜蜂ならばF1の農作物や野菜を食べる事で蜜蜂の数はどんどん減少していくでしょう。事実蜜蜂の数は減少してます。男性の精子の数も減少してます。


リーキーガットで腸から細菌が入り発達障害や糖尿病やアルツハイマーなどのを加速させてるはず。

歯磨きの殺菌剤やフッ素、抗生物質入りのアメリカ産牛やラウンドアップの除草剤入りのアメリカの小麦粉(パンや麺類)の摂取は、リーキーガット症候群を引き寄せると考えてます。

歯磨きで口内フローラを汚染し、薬物や科学物質や農薬や除草剤や抗生物質入り肉で腸内フローラを汚染してると思います。

カロリーゼロでも太る理由は、カロリーゼロの食材が腸内フローラの微生物を悪化させるからでしょう。

抗生物質を与えられた牛は簡単に太りやすくなるので、体重を稼いで売値が高くなるので、育てる側からすると抗生物質は欠かせないのでしょう。


その抗生物質入りの牛肉を食べるから、日本人も小学生から肥満が増え続けてるのでしょう。


肥満は炎症なので、炎症はいろんな病気の原因と言われてますが、動けなくなる身体も口から入る物が悪い物だからでしょう。

中国の豚も野菜も危険性はありますよねもしかして廃棄されないで餃子等に加工されて、日本へ?

学校や職場や人間関係がきっかけでうつになった場合は、早めに集中カウセリングを受けることをオススメします。

そのきっかけの原因のトラウマを処理することが一番の近道です。
因みに当研究室は病気は扱いません。

感情やトラウマを処理する支援のプロです。

自己変革は下記へご連絡ください


2018112617072028b.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント