身体のトラウマ(身体への痛みの作り方)

20190630152529c6a.jpg


人間はロボットではありません。
人間とロボットの違いは心や意識があることです

身体のトラウマ・身体への痛みの作り方という変わったサブタイトルにした理由は痛みをわざわざ発生させて、長引かす人々が少なくないからです。

ここで述べる痛みに関しては全ての痛みに関してではなく、一定の痛みに関してです。

何か転んだりしたときに、足や腕をいためた時に、心は痛みのある場所に意識が向けられます。

例えば、誰かに押されて転ばされて手を痛めたとします。そして、痛みのある場所に意識を向けて、「あいつが押したせいで転んだ!許せない」と思考したとします。

次の日も次の日もその痛みが治ってない場所に、「痛い」とか「許せない」とか何か思考を向けることは普通のことです。

しかし、この「痛い」とかいう思考意識を、その痛い場所に向けてる行為は、その痛みという思考エネルギーをその場所に込めているのと同じなのです。

それは、足や腕や身体ではなくても同じです。


例えば、日本語では「心を込めて作りました」という表現があります。

それはエネルギー的にはどういうことでしょうか?

例えば、カレー料理を作るときに、カレーを作ってる時に、その作ってる方の愛の思いがカレーに入るのです。

「コーヒーでも心を込めて入れる」
「心を込めていれたお茶」
「セーターを相手への好きって思いを思考しながら作る」
全てその方の思考エネルギーがその物に入るのです。

有名な水の話もありますが、水に対して悪口を言うと氷の結晶が汚なくなります。愛とか感謝の言葉をかけると水の結晶は美しくなります、

物であっても、水であっても、腕や足であってもそれは同じことなのです。


ですから、怪我をしたときに「痛い」という意識をその痛い場所に向けることは、ネガティブな思考エネルギーを混入させているのと同じなのです。


ですから、怪我が治っても古傷が数年後でも痛む理由は、昔に混入させたネガティブなエネルギーがその場所に残留しているのです。


ですから、その痛みは思考エネルギーが痛みの正体なのです。

その思考エネルギーが筋肉を固くしたり、収縮させたりして、動きを制限してしまいます。

それで、腕や足を動かすと制限された稼働域を越えるので、「痛っ!痛い」って痛みを伴うようになるのです。


ですから、ヘルニアも触れずに、ヘルニアになっていた隠れた感情を処理したので、ヘルニアは治ったのです。

その時に行ったカウンセリングとイメージ療法の二つで本人自身の意識が治したのです。


これまで、整体屋さんでマッサージになれてる方々は、マッサージしてくれないと不満足と思われるかもしれませんが、目的はマッサージの気持ち良さを味わうのではなく、痛みを解消するのが本来の目的であるはずなので、目的が達成されるならば、特にマッサージにこだわる必要はないのです。


例えば、座る姿勢では一般的に左側のお尻が前に出やすいのが普通だとすると、いつもその歪んだ姿勢だと腰が痛くなるならば、左側のお尻を後ろに少しづらせて座ることで整体ができます。

身体は左にねじれやすいので、それを例えばテープで調整すれば良いのでしょう?!

あくまで1つの例です。


話が逸れましたので戻します。

要するに痛みを作る方法として、或いは痛みを長引かせる方法として、その怪我をしたときに痛い場所へ意識を向けて「痛い」って思うことを何度、何度も思考して、痛みを痛い場所に混入することで痛みは持続するのです。

「心を込めて」を悪い方向へ発揮した例です。

痛めた足や腕が痛いので、緊張感を込める(抑圧する)ことで、筋肉は萎縮します。

それは、別の言い方で言うと、

筋肉が萎縮することで防衛反応をしてるのです。
次の被害に備えてるのです。

要するに、身体のトラウマとして現れてるのです。


これは、必ずしも痛みのトラウマだけではありません。

ネガティブなエネルギーの被害に合わないように、
被害にあっても大丈夫なように被害に備えてるのです。


心のトラウマだけでなく、身体のトラウマまでオープンハート研究室では解消します。

身体のトラウマという言葉を使って約20年になりますが、身体のトラウマまで解消できるカウンセラーはほとんどいません。


そもそも、身体のトラウマって聞いたことがないプロのカウンセラーがほとんどでしょう。

身体のトラウマも防衛反応ではあります。

萎縮や痛みが防衛反応であれば、逆に言えばそれはトラウマを解消することで身体を癒せるのです。


ですから、長年の慢性的な痛みで苦しんでる方は、もしかしたらそれは身体のトラウマではないのか?
もしかしたらそれは、心の思いが萎縮させているのではないか?

過去の出来事が、
ネガティブな出来事が、
未解決な出来事が、
残っているのではないのか?と考えてみて、心当たりがある方は、当研究室へご相談ください。

脳をリラックスさせる技法で脳波がリラックスすると筋肉まで緩みます。
何度も言いますが、当研究室では科学的な根拠やエビデンスは一切ありません。

科学的な根拠を求める方の為に記載してませんので、科学的な根拠を求める方は立ち去ってくさださい。


当研究室で述べてることは、オリジナルであり、科学的な根拠とか興味はありません。学者ではありません。

本人自身で痛みを消します。
本人自身で痛みの感情を消すことで痛みまで消えます。
本人自身でセルフ整体になります。


腰や肩や膝など以外のどこへ言っても原因不明や痛み、アロディニア、CRPS、などももしかしたら感情が関係してると思われる場合はご相談ください。当研究室は病院ではないので病気は病院へ行かれてください

感情にアプローチする新整体です。本人の頭の中にある感情を消す技法になります


訪問整体は30分ほどです。
揉まない新しく整体を体験したい方は予約申込を下記よりされてください。


キャンペーンにより対象者は割り料金でお受けできます。

訪問整体
料金 12000円
時間 30分以内(検査時間も含む)
出張料 2000円/沖縄市から南部まで/
※那覇市は3000円(駐車費用など)
※名護方面はご相談ください。

※現在初回キャンペーンにより、
女性はさらに千円割引。
人数限定なのでお早めにご予約ください。

☆☆☆35才以下の女性や学生はさらに千円割引で合計2000円割引です。


2019062814085682a.jpg
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

オープンハート研究室

オープンハート研究室の使命

・心と身体の研究
・心と身体の健康
・潜在意識と表面意識の研究
・心理カウンセリング技法の開発
・カウンセリング支援
・実践カウンセラーを目指す方への教育
・自衛隊・海上保安官・警察官・教育関係機関へのボランティア支援
・災害時のトラウマ解消支援
・その他 ボランティア活動
プロフィール・料金

成功率約9割ですから他のカウンセリングと一線を画しています
その方に応じた技法・手法でカウンセリングします

当研究室に縁がある以前に、他社のカウンセリングでを受けた方もたまにいます。他社のカウンセリングでは、「カウンセリングで30分とか1時間とかのような短時間でカウンセリングを受けたことがあります。何も変わりません」とか
「話を聞いてもらえたのでその時は気分は悪くないのですが、翌日は今までと同じ症状」とかクライアント様よりお話をお聞きしました。

1時間のカウンセリングでは出来事の把握や友達同士の会話とほとんど変わらないでしょう。

ですから、当研究室では集中的に一気に数時間行います。平均2日で解消して終了です。

他社のほとんどのカウンセリングでは、問題の発見、本質や解消は1時間では無理です。
しかし、クライアントは慣れてないので、僅か1時間のカウンセリングでも、その前日から緊張したり、準備から、、、帰宅するだけでも時間もエネルギーも使います。またたった1時間、2時間では「前回どこまで話したのかな?今日はどんな話をするのか?」
などカウンセリング受けても苦痛で遅々と進まなかったそうです

また、
「いつまで通う必要があるのか?毎回5千円のカウンセリングでも厳しい、どうしたらいいのか?」
「これまでお金を使ってヒーリングや遠隔、占い、催眠、カウンセリング、いろいろ試しましたが変わりません」
「本当に治るのかしら?怪しいところではないのか?」
「信頼できるのか?どんな資格を持ってる先生なのか?騙されるのでは?悪くなるのでは?どんな方法で?」、、、、、、
現在の悩みだけでなく、そのカウンセリングを受ける不安感、或は電話する以前に不安で電話すらできない方々と少なくないでしょう。

しかし、
当研究室では、平均2日前後の集中カウンセリングで問題の発見から正体を見破り、或は集中して右脳を使い一気に解消してきました。ですから、約9割の成功率ですからご安心ください。手法はその方の悩みや話をお聴きしながら必要な手法や技法を使います。大切なことはどのような資格や技法、手法であろうと、悩んでる苦しみを解消してあげれなければお金や時間の無駄です。

カウンセラーの肩書や名誉など重要なことではありません。大切なのは『結果』なのです。
『結果」が全てです。
『結果』が今より楽になりより自由な人生を歩めるようにしてあげることであり、苦しみの縛りを解いて解消する支援であり、

真のカウンセラーは私心を捨てて全身全霊で、任務遂行に徹すべきなのです。
そして必ず縁ある方を引き受けたからには良くするんだという使命感が重要です。
当研究室では日々に任務遂行であり、使命感のみが精神の中心にあり、不惜身命であります。
たとえ、世間がカラオケやお酒、ギャンブルなど娯楽など人生を楽しんでいても、そのような任務遂行と関係ないものは斬って捨てて諦めることと考えます。自制心を強化して、勇気ある行動できるカウンセラーであるべきと考えます。根底には愛です。多くの家庭問題には愛情不足等かあります。愛は全てを癒します。

オープンハート研究室
カウンセリングの任務
今ある悪質な縛りや固定観念、、などを解消する支援を行い
より自由ある人生
より希望を
より行動できる人生
より健康な人生へを
料金↓
https://okinawajapan.org/blog-entry-1.html