精神病・自殺者・発達障害の作り方③


医学博士で心療内科医医師でもあり、日本医科大学教授の凄い大先生「エビデンス」に基づいたニュースが報道されてましたので紹介しますね♥↓
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191227-00010000-jij-hlth

https://medical.jiji.com/salon/#


皆さんは冬季うつって知ってましたか?

自分は全く知りませんでした。ハーバード大学の研究員の大先生の内容を勉強して、どのように病気が作られてレッテルが貼られて薬漬けがスタートするのか?考えてみたいと思います。

当研究室のブログの内容には全く根拠もないし、エビデンス嫌悪症候群の俺としてエビデンスが理解不能で苦手でありますが、今回初めてエビデンスの内容をご紹介させて頂きますが、自分にはエビデンスがどこにあるのか結局は探せませんでした。

エビデンス主義の方なら直ぐに見つかるでしょう

先ず「冬季うつ」とは何か?
201912280211579d9.jpg

大先生が「こうした症状は「冬季うつ」と呼ばれます」と言うので、その「こうした症状」とは↓下記になるようです

引用スタート↓

 【日が暮れるのが次第に早くなってくる晩秋から冬にかけ、だるくて気分が落ち込むという悩みを相談されることがあります。

 冬に特有な「冬季うつ」と呼ばれる症状かもしれません。あなたはこんな悩み、ありませんか。

 ◇冬になると意欲消失


 Aさんは毎年、クリスマスの頃から、仕事の意欲が消失気味で困るといいます。

 朝、眠くて起きられない、化粧をする意欲が湧かない、何となくだるい、という状態ですが、毎日、何とか頑張って起きて、仕事場に向かいます。

 経理業務でデスクワーク。1日中、パソコン作業で座りっ放しです。

 仕事が終わると、疲れ切って、帰りにコンビニでチョコレート、アイスクリームにコヒーを買い込んで、ほっと一息つくのですが、甘い物の食べ過ぎで、体重が増え、憂鬱(ゆううつ)な気分になるといいます。

 クリスマスのイルミネーションが華やかなだけに、この時期、何の予定もない自分が何となく惨めな気分になり、うつが続きます。

 ◇女性の方が高い罹患率

 冬に多い、こうした症状は「冬季うつ」と呼ばれる疾患のことがあります、、、
引用以上


最初はうつ病という病気はありませんでしたが、今では常識になりました。さらにその後に躁鬱、双極性障害という病気も作ることにDSMという病気作製のマニュアル本の連中は大成功しました。

しかし、どうやら日本国民全員をうつ病と双極性障害いう二種類だけでは薬漬けするには難しさがあるようなので、「日照時間が短い冬」も冬季うつという病気にすることで日本国民全員が「日照時間が短い」期間を過ごすことになるので、全員が対象範囲に納める事ができます。

なぜなら、エビデンスによると「日照時間が短いと発症する」と断言されてますが↓そのエビデンスはどこにあるのでしょうか?

20191228021409e1a.png

しかし、その次のエビデンスでは、原因は不明と断定されてます。原因が不明という根拠はどこにあるのでしょうか?

さらに、原因不明と言いながら、大先生はパチンコなどの賭け事のようにセロトニンやメラトニンという脳の原因であるでは?と賭け博打にでました。精神科のほとんど病気の原因は、ほとんど賭け事です。パチンコや競馬、競輪の賭け事のように当たるか外れるか?2択です。薬で副作用で苦しんだ患者には対しては「賭けがはずれてすみません」とは謝罪もせずに「今日は別の強い良い薬に替えてみましょう」とまた博打のように賭けるのです。患者は賭博の材料ですか?日本では賭博で金を得る行為は犯罪です。「薬が合わなかったね。違うのを試してみましょう」って言葉で濁しても賭博は賭博です。パチンコ台を替えてみましょうっていうパチンコは合法です。
薬物の副作用で害したら障害罪でしょう。

このハーバード大学研究員の大先生は、
冬季うつの原因も脳の原因説に掛けたようです。

さらに、大先生は下記の症状は病気であると伝えてます。

下記の症状とは「だるさ」「過眠」甘い物や炭水化物の過食」です。

皆様に、それは病気ですよと教えてくれてるのです。

俺も、「朝、眠くて起きられない」、俺も「化粧をする意欲が湧かない」、さらに「何となくだるい」と冒頭の女性Aさんと同じ症状です。

それは冬季うつだったのですね♥皆様の中にもたくさんいるのではないですか?
冬季うつという病気が原因で朝は起きれないし、化粧したくないって知ったからみんな安心ですね。これで俺は明日の朝も起きれなくてもちゃんとした理由があるし、仕事したくない理由も分かったので気が楽になりました。

皆様様もちゃんとした病気だから、朝起きれなくても大丈夫だよ。だるくて炭水化物ご飯作りたくないとか、だるくて洗い物や洗濯を畳まなくても大丈夫だよ\(^_^)/

これもエビデンス主義の女大先生の医者のお陰ですね♥

沖縄より北海道が日照時間短いから、北海道の人は特に朝起きれなくても大丈夫だよ🎵(^o^)v仕事もだるいのは日照時間が短いから仕方ないよ

北海道の人は偉いよね
俺なんか日照時間が長い夏でも仕事したくないし、朝は苦手だし、、ご飯も大好きで過食してるし、お腹いっぱいでも別腹でチョコレートとか甘いもの毎日食べてる症状があるんだよね。

大先生に質問だけど、夏期うつでもあるのかな?

そうだ、海原純子大先生の紹介させて頂きます

20191228015953e35.jpg


2019122803035350b.png


201912280311325eb.png


海原大先生は皆様と対話したいと記載してましたので、お聞きしたいのですが、あの病気を世界へ拡げるDSMのマニュアル本で冬季うつは知りましたか?
それともオリジナルの病気?
それとも第三者のエビデンス?

女性Aさんだけでなく、病気は作られるのです

例えば、病気の作り方は『皆様の善意なる言葉』や医者や自治体のキャンペーンやポスターから始まります。
例えば、
「家族や周囲の人はそれら病気のサインを見逃さないことが大切だ。病気の兆候が表れたら、専門医への受診を促し、正しい診断、適切な治療に導くことが重要となる」

上記言葉を鵜呑みにして、あなたが精神科受診を勧めた場合に、進められた本人は薬漬けがスタートします。もし、相手に対して、気軽に精神科を勧めた側にも責任がありますよ

最初の薬の副作用をきっかけにして、さらに、新しい薬を追加されるはずです。そして、追加されるだけでなく、作用の強い薬に変更させられて、どんどん薬物依存性になるのです。
恐ろしいことです。

眠れなくても死にませんが、睡眠薬で記憶をなく衝動的自殺で死ぬ可能性は、眠れない場合より高いですよ。

そもそも、保育園児の行動に害があるはずはありませんが、ADHD、多動性障害という障害が本当にあるかのように洗脳されてはなりません!

障害というレッテルをはり三才、4才、五歳の子供が何らかの「害」を誰かに与えるのですか?
その子の存在が「害」とはなんですか?

他の保育園児と調和できないのは、そんなに悪い事で、そんなに害なんですか?

他の保育園児と服従させるのが保育師の仕事ですか?

話がスムーズにできない俺の実家の犬は、毎日あっちこっち勝手に歩きまわってますが、障害の薬をあげた事もないし、障害者も思ったことはたった一度もありません。

犬と比較してるのではありません。犬を見下してるのでもありません。僅か5才の前後の行動に害はない事を気づいて欲しいのです。

犬は知能遅れですか?
もし、犬が勝手にお昼の12時になっても帰ってこないでいろいろ所を歩くのはADHDなのでしょうか?

俺も子供の時は授業は面白くないから先生の話を聞きませんでしたし、そもそも授業に出席しないで校外へ遊びに行った事もありますがそれはみんなと違うのでADHDですか?

みんなと違うことはこんなに障害なんですか?

それで誰が害されたと怒ってるのですか?
保育園の先生ですか?
それとも医者ですか?
それとも他の保育園児ですか?

保育園児同士の喧嘩は絶対に悪ですか?
保育園児が、誰のおもちゃか?所有権がおもちゃにはあるという認識は絶対に保育園の年齢で認識しないと悪ですか?

行動が遅い園児や他と違う園児に対して服従させたり、怒ったりしても、犬が行動が違ったり知能が低い犬がいたとしたらあなたは怒りますか?それとも存在そのものを愛しますか?犬には怒らないけど、園児には怒るならば園児にだけ厳し過ぎます。

園児同士も学びや成長の糧です。他と違う遅い園児がいたら、他の園児らは思いやりを育む機会です。

親は、先ずは、その子を変えようと「否定」するのではなくそのままでも自分の愛する子としてバグしてあげてください。引きこもりの親にも多そうですけど、その子を「変えよう」という気持ちの背後には「今のままではダメな子」=「否定」が混入してるはずです。

親は保育士や教師ではないので、みんなと同じではならない全体主義系の子育てではなくて、愛主義で包容する方が良いかと思います。

令和の2年の新年は、子供覚醒剤キャンペーンの幕開けです。ビバンセという本物の覚醒剤が子供限定(大人はお待ち下さい)で投与されます。

そのビバンセは身体で覚醒剤になるようです。
女性のビヨンセでは踊り出したくなりますが?、ビバンセでは高い所から飛び降りたくなる可能性もあります。
2020年はオリンピックと子供に覚醒剤をあげる幕開けです。

ADHDを治す方法は簡単です。
って言うかそもそもその子供は病気ではないので、治すも何も薬を飲む必要はなかったのです。
『そもそも病気ではない』と言っても信じられない親は飲ませれば良いし、俺からすると飲ますことは子供に毒を飲ませて良くなるのですか?と言いたいのです。しかし、選択は自由です。俺の思想に根拠はありません。しかし、子供への薬漬けは第一原因は親にあります。しかし、ちゃんとした根拠を得たはずの政府認可のエビデンス主義の薬によって多くは脳を破壊されてることを認識される事は重要かと思います。


高齢者はだけでなく、若い人でも誰でも、離婚、失職、家族や友人との死別の環境が現れると、落ち込むのも嘆き悲しむのも当然ですが、愛する人が亡くなって一年落ち込むのはうつ病ですか?

そして、それをうつ病と称して病気として扱って、うつ病の薬を投与することで、死別の悲しみ、離婚の悲しみ、失恋の悲しみ、失職の不安などは、本当に治るのですか?
その薬で本当に悲しみが治ると言い切れますか?
その悲しみの原因はセロトニンの量ですか?

悲しみの原因は日照時間の不足ですか?
それとも、その悲しみの原因は無理して頑張ってるからですか?

その薬で、愛していた家族が亡くなった悲しみは、脳の何かが異常なのですか?

薬剤師や医者は本当にそうだと言い切れますか?

誰がセロトニンが原因だとエビデンスを出して証明したのですか?

俺の世界一尊敬する父親が亡くなって泣きましたが、悲しみもありましたが、痛みや肉体的な苦しみで苦しんでる父親があの世へと旅立ち肉体的な苦しみから解放されて良かったと思いましたが、悲しんだり、直ぐに良かったと喜んだりしてる俺は双極性障害ですか?

その双極性の薬は飲まなかったのですが、なぜ飲まなかったにも関わらずわずか一日で治った理由や原因を、精神科の医者薬剤師はちゃんと答える事ができますか?

そして、答える事が事が出来たとしてもその答えはセロトニンや或いは脳の原因でしたか?

精神科の医師や薬剤師や看護師は人殺しです。
或いは人殺しの幇助をしてます。


2016年に障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者19人を刺殺し、入所者・職員計26人に重軽傷を負わせた殺人をした男がいました。その犯人と精神科内でレイプしたり、拘束したり数ヵ月の拉致監禁したり、死ぬまで薬漬けにして寝たきりにしたり、電気ショックで人格破壊したり、殺害し、26人以上の患者の脳を勝手にいじり破壊した精神科医師や看護師らの犯罪行為と比較してどちらがより極悪非道ですか?

また、
2018年6月9日に起こった新幹線殺傷事件で小島一朗被告に無期懲役になった後に「万歳三唱します」と叫び、両手を上げて万歳三唱した男がいました。
その男と、精神科内でそれ以上に精神科の患者殺害したり、脳を破壊して金儲けで毎年1000万円の大金を得て、何の逮捕もされずに、さらにレイプした女性に対しては、頭がおかしいからレイプされた被害妄想を言ってるだけで、あの女性は頭がおかしいと責任回避してレイプしまくる精神科医師とどちらが果たして極悪人ですか?なぜ道をのうのうと歩けるのですか?こんなの極悪人を政府は放し飼いして良いのですか?日本国民は万歳三唱に驚くならば、もっと精神科の医師や薬剤師や看護師の極悪非道に驚いてください。
https://youtu.be/csQSARuY-Rs

他人の脳をどうして、いじり破壊する権限があなた方医師や看護師にあるのですか?
他人の脳を破壊して、身体を拘束しては何の罪悪感もなく、結婚相談所で結婚する意思もないにも関わらず金で女性を買い、また、400ボルト(家庭の電力は100ボルト)の電流を患者の脳に流して心身を破壊しても何の罪悪感もないどころか、拷問を治療としてる頭こそ真の精神病であり、腐り過ぎてもはや人間ではなくなってるのでしょう

そんな存在があちらの精神科にも全国の精神科にもウヨウヨいて、道を歩いてるのです。
恐ろしい事です。許されないことです。窃盗や障害で懲役で入ってる人々はいつか刑務所から出られます。しかし、精神科からは寝たきりにされると一生出れません。死んで退院です。なぜ、刑務所より精神科の懲役が長いのですか?また刑務所では電気ショックは与えません。

連続で精神科医療の連中から嫌われる事を書いてますが、それで俺が批判されようが、カウンセリング受けたい方々が当研究室のカウンセラーは怖いので電話するのも恐怖と思われようが、それらは全く取るに足りないこです。

それは、これまでどれだけの人々が精神科と製薬会社の金儲けで被害にあって無差別に大虐殺された事と比較したら俺への批判は取るに足りない事です。被害者は取り返しがつきません。脳を電気ショックや薬漬けで破壊されるとどうにもなりません。なんて事をしたんですか?その被害者の人生は取り返しがつきません!

さらに被害者は過去の話ではなく、現在も明日も数年後はさらに、薬漬けで脳も身体も心も破壊されていく人々が増殖してるのです。

決して許されない事です。


取り返しがつかない話↓
『もう1回やり直したいーー精神科医に心身を支配され自死した女性の叫び』
精神医療現場では現在、うつ病に替わり発達障害バブルで、こちらは子どもが患者とされ、しかも教育現場で教師が“普通”でない子をチェックし、患者に仕立て上げて精神医師と製薬会社が儲けているという衝撃の内容だった。
 だが、うつ病だった女性の死の真相を追求した本書はそれ以上に衝撃的だ。
「城西こもれびクリニック」(鹿児島市)を受診していた女性が2014年12月、27歳で自ら命を断った。ところが、彼女が残したスマートフォンの記録で、彼女はこのクリニックの医師に妻子持ちであることを隠して性的関係を迫られ、医師の治療下である種、コントロールされ、、、、、

遺族たがそういう実態を訴えても、保険医資格は剥奪されるものの、医師免許は取り上げられない。それ以前に、山口医師は日本精神神経学会認定の専門医、指導医の資格を有しており、同会には「専門医としてふさわしくない行為があったとき」資格を取り消せるとあるので著者、遺族が資格剥奪を何度も要求したが相手にされないどころか、5年毎の次回更新期にも更新する姿勢を見せたという。
 要するに、わが国の精神医学界自体が腐り切っており、その是正のためには少しでも多くの国民にその実態を知ってもらい、法律を変えるためという(独、英では医者と患者が性的関係を持った場合の刑法を定めている)。
 それに新たな被害者にならないためのアドバイスも本書ではしている。
 何しろ、この山口医師はさすがに地元の鹿児島では無理でも、実際、1審判決時にはすでに京都の病院と大阪のクリニックに勤務していたことが確認されたという(その後、関係機関に要望書を提出したところ山口医師は自主退職)。
 最後に、山口医師は一審判決後、ある人物にこんなメールを送っていたという。
「僕は1つだけやってやろうと決めていることがある。捜査機関の奴らが認知症やら何やらで精神科に来たら問答無用で隔離室に放り込んで、徹底的に痛めつける。絶対出さないしいくらでもいてもらう。完全に壊してから自宅に引き取らせる。厚労省関係者も同じ」。


酷いタイトルと思ってる方もいるとと思いますが、そのタイトルにある発達障害や自殺者を増やしてる側が普通の善意なる人々であることは伝えました。その人々はお悩み掲示板でもうじゃうじゃいます。自殺者や発達障害を増やしてる人々の具体的な言葉の例が「その症状は精神化(心療内化)に相談した方がいいよ」などです。

たった一度の精神化受診が、薬漬けのスタートであり、脳の破壊のスタートであります。
その精神化の化とは「化け物」があなたを裁くのです。あなたがADHDであるのか?うつであるのかあなが何物であるのか?数分でレッテルをはられるでしょう。睡眠薬物に手を出したら一生あなたと共に付き合うでしょう

精神薬物は一度スタートすると薬物と結婚してあなたの「障害」を誓うでしょう。

精神医学の定義を知れば、薬で脳をいじって治すって考え自体が死にたいか?或いは治すきもちがないのかのどちらかでしょう



④へ続きます。
※多動性により別のタイトルになる可能性があります。集中力がかけて④へは続かない可能性もあります。(笑)


※全ての精神化医療の職員や全ての薬を否定してる訳では必ずしもありません。この記事の目的や誰を対象にしてるのか?或い誰も対象にしてないのか?それぞれが対象が記事内では変わっており、それを伝える目的も違っています。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

オープンハート研究室

オープンハート研究室の使命
2018年以降カウンセリングの新規予約は行ってません
・心と身体の研究
・心と身体の健康
・潜在意識と表面意識の研究
・心理カウンセリング技法の開発
・カウンセリング支援
・実践カウンセラーを目指す方への教育
・自衛隊・海上保安官・警察官・教育関係機関へのボランティア支援
・災害時のトラウマ解消支援
・その他 ボランティア活動
プロフィール・料金

成功率約9割ですから他のカウンセリングと一線を画しています
その方に応じた技法・手法でカウンセリングします

当研究室に縁がある以前に、他社のカウンセリングでを受けた方もたまにいます。他社のカウンセリングでは、「カウンセリングで30分とか1時間とかのような短時間でカウンセリングを受けたことがあります。何も変わりません」とか
「話を聞いてもらえたのでその時は気分は悪くないのですが、翌日は今までと同じ症状」とかクライアント様よりお話をお聞きしました。

1時間のカウンセリングでは出来事の把握や友達同士の会話とほとんど変わらないでしょう。

ですから、当研究室では集中的に一気に数時間行います。平均2日で解消して終了です。

他社のほとんどのカウンセリングでは、問題の発見、本質や解消は1時間では無理です。
しかし、クライアントは慣れてないので、僅か1時間のカウンセリングでも、その前日から緊張したり、準備から、、、帰宅するだけでも時間もエネルギーも使います。またたった1時間、2時間では「前回どこまで話したのかな?今日はどんな話をするのか?」
などカウンセリング受けても苦痛で遅々と進まなかったそうです

また、
「いつまで通う必要があるのか?毎回5千円のカウンセリングでも厳しい、どうしたらいいのか?」
「これまでお金を使ってヒーリングや遠隔、占い、催眠、カウンセリング、いろいろ試しましたが変わりません」
「本当に治るのかしら?怪しいところではないのか?」
「信頼できるのか?どんな資格を持ってる先生なのか?騙されるのでは?悪くなるのでは?どんな方法で?」、、、、、、
現在の悩みだけでなく、そのカウンセリングを受ける不安感、或は電話する以前に不安で電話すらできない方々と少なくないでしょう。

しかし、
当研究室では、平均2日前後の集中カウンセリングで問題の発見から正体を見破り、或は集中して右脳を使い一気に解消してきました。ですから、約9割の成功率ですからご安心ください。手法はその方の悩みや話をお聴きしながら必要な手法や技法を使います。大切なことはどのような資格や技法、手法であろうと、悩んでる苦しみを解消してあげれなければお金や時間の無駄です。

カウンセラーの肩書や名誉など重要なことではありません。大切なのは『結果』なのです。
『結果」が全てです。
『結果』が今より楽になりより自由な人生を歩めるようにしてあげることであり、苦しみの縛りを解いて解消する支援であり、

真のカウンセラーは私心を捨てて全身全霊で、任務遂行に徹すべきなのです。
そして必ず縁ある方を引き受けたからには良くするんだという使命感が重要です。
当研究室では日々に任務遂行であり、使命感のみが精神の中心にあり、不惜身命であります。
たとえ、世間がカラオケやお酒、ギャンブルなど娯楽など人生を楽しんでいても、そのような任務遂行と関係ないものは斬って捨てて諦めることと考えます。自制心を強化して、勇気ある行動できるカウンセラーであるべきと考えます。根底には愛です。多くの家庭問題には愛情不足等かあります。愛は全てを癒します。

オープンハート研究室
カウンセリングの任務
今ある悪質な縛りや固定観念、、などを解消する支援を行い
より自由ある人生
より希望を
より行動できる人生
より健康な人生へを
料金↓
https://okinawajapan.org/blog-entry-1.html