自殺日報・「いきなり自殺日和」になる危険性 1


202001142214054f0.jpg


2020011420322080f.jpg
202001142031449b1.jpg


昨日のニュースで、【入水自殺・三宅雪子 「助けて! 追われてるんです」ある晩、文春記者にかかってきた電話
あの“不死身”の女性がなぜ――】と自殺のニュースを見つけました 2020/01/06

「三宅雪子さんが自殺した」

 元衆院議員・三宅雪子氏(享年54)の元政策秘書からラインが来たのは、メディアが速報を打つ2時間ほど前のことだった

 1月2日、三宅氏は東京都内の海岸で遺体で見つかった。海に飛び込んでの入水自殺と見られる。
https://bunshun.jp/articles/amp/24273?page=1


下記のツイッターが2019年12月30日まで通常の内容が記載されてます。
202001090110558ee.jpg

タイトル「いきなり自殺日和になる危険性」の通りツイッター投稿後ののわずか3日後には入水自殺してました。
本人は中程度のADHDと公表し、2年~半年で治ると思ってたようですが、その前に自殺してしまいました。
20200109011801d3f.jpg

202001121532495c9.jpg



政治家とかこの女性も全く興味なく知りませんが、ツイッターのたった3日後には「いきなり自殺日和」になるとはびっくりですね。

睡眠薬の作用による自殺、うつの自殺日報でも記載してどれ程睡眠薬やうつの薬が危なく恐ろしいのか考えたいと思いましたが、、、、辞めときます。

やはり自己判断できない子供達を守りたいので、子供向けの薬の恐ろしさや実態を公開させて頂きます❗

「ADHDですね」と軽々しく医死がレッテルはって病気がどんどん作られるので、ADHDの薬であるストラテラの恐ろしさや実態を記載したいと思います。

最近、大人気急上昇ストラテラの薬の実態にできるだけ絞ります。

毎回こちらの意見を書いても信じられないと思われる方もいるはずなので、今日はツイッターからお借りして本人の生の言葉をご紹介させて頂きます。※許可取ってるのとそうでないのがありますが都合が悪ければご連絡ください。


20200109013518805.jpg


20200109013710346.jpg
ADHDも誤診と思いますが、、、って言うかそもそもADHDって病気は作られた病気なので存在しないのです。


202001090140131b2.jpg
死にたいって気持ちは残ってる

2020010901413989a.jpg
そうそう、製薬会社の添付文書にちゃんと自殺すると書いてるので確信犯の犯罪です。
製薬会社や医死らの流行りの犯罪による「自殺日報」を下記でどんどんご紹介させて頂きます



2020010901453672b.jpg
自己観察が素晴らしい。その薬物のせいです。逃げるのではななく、薬物を絶つのです


202001090147551bb.jpg
これ以上薬物を試すのは危険性がある

2020010901493388a.jpg
本当に気づけて良かった。薬物に汚染されると気づくどころか精神化医死に感謝するという間違った事をする場合もあります。それは脳が洗脳されてる場合ですね。


202001090153153ef.jpg
素晴らしい。みんなが気づいてくれて嬉しいし安心ですね



202001090155293ae.jpg
薬物で死にたい感が増すって気づけたので素晴らしい。そこからスタートです。

20200109015730cef.jpg
惜しい?薬を変えるのではなく断薬です。

202001090159293da.jpg
そうそう、その恐怖感が身を守る。恐怖感のメリットは危険から身を守る感情でもある

20200109020128fdb.jpg
死にたい衝動はいきなり自殺日和になり家族を悲しませてしまう。未来の子供のことも考えてる優しさ。次回の記事は【恐怖の出来ちゃった妊娠】系が予定です。



2020010902044288a.jpg
薬物が抜けると死にたい気持ちがなくなる事が、自殺は薬の作用なんですね

20200109020646dc3.jpg
冷静さが素晴らしい。アメリカの学校での銃撃事件の犯人は全員が薬物を摂取してたそうです。この事も紹介したいけど、この薬物系の記事は本当に嫌なんです。リスクも多くて書きたくないです。


20200109021017145.jpg
このニュースの自殺者も薬の売人による被害者なんですね。薬の副作用で殺したい衝動が現れて、このままだと殺人を犯したらヤバイと思って、殺すよりは自殺を選択したのでしょう。
鳥肌がたったので、早く地縛霊から脱出して天国へ導かれるように冥福を祈ります

20200109021429578.jpg
たった薬物を6日目で死にたくなる恐ろしさ。ブログから引用。

20200109021651186.jpg
『そもそも死にたい理由なんかない』という薬物の恐ろしさの格言ですね。
理由なくいきなり自殺日和になる可能性は、睡眠薬でもうつの薬でも精神病の薬はあるでしょう。
しかし、ストラテラだけでも紹介するのはウンザリです。しかし、ストラテラが4歳以下の子供に年間10万錠も強制されて殺害されそうなので、使命感のみで伝えてるのです。



202001090221345b4.jpg
この方は偉い。一日で止めたのは素晴らしい決断。殺したくなる薬って本当に薬物兵器とはこの事です。恐ろしい。アメリカの学校の事件は殺してしまうまで行着いてしまった例ですね

2020010902245350b.jpg
もしこのブログを読んでるあなたの子供にあげた1週間後にはこの世に居なくなったら?取り返しがつかないでしょう。薬の売人を責めても子供は帰って来ないからね。

20200109022710c2a.jpg
だから、『そもそも死にたい理由なんかない』ってのが薬物の恐ろしさなんですよね(>_<)


202001090229445b5.jpg
「ちなみに気がついたらICU」って何したんですか?気づいたら単に寝てた?のとは違うでしょう
だがら、タイトルの「いきなり自殺日和」って嘘ではないのです。薬物を飲んでる事が正常な脳を破壊してるのだから、、、(/。\)


20200109023510174.jpg
↓から三行目の難しい漢字のところが大変参考になりました。ありがとうございます。お大事に。

2020010902372590f.jpg
自殺に効く薬です。みんなも副作用って言葉に騙されないで。副作用って記載は、全て実は作用なんです。洗脳させて飲ます言葉が「副作用」って造語です


こんな自殺日報ばかり紹介してたら気分良くないので、次回に続きさせて頂きます。おやすみなさい

上記の勉強の為に気分悪くした方は、気分転換にアーシングはオススメです↓
沖縄国際カーニバル・コスプレ
https://okinawajapan.org/blog-entry-18.html

アーシングの方法と効果
https://ameblo.jp/777okinawa/entry-12263041282.html

感謝から始まる
https://okinawajapan.org/blog-entry-45.html



関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

オープンハート研究室

オープンハート研究室の使命
2018年以降カウンセリングの新規予約は行ってません
・心と身体の研究
・心と身体の健康
・潜在意識と表面意識の研究
・心理カウンセリング技法の開発
・カウンセリング支援
・実践カウンセラーを目指す方への教育
・自衛隊・海上保安官・警察官・教育関係機関へのボランティア支援
・災害時のトラウマ解消支援
・その他 ボランティア活動
プロフィール・料金

成功率約9割ですから他のカウンセリングと一線を画しています
その方に応じた技法・手法でカウンセリングします

当研究室に縁がある以前に、他社のカウンセリングでを受けた方もたまにいます。他社のカウンセリングでは、「カウンセリングで30分とか1時間とかのような短時間でカウンセリングを受けたことがあります。何も変わりません」とか
「話を聞いてもらえたのでその時は気分は悪くないのですが、翌日は今までと同じ症状」とかクライアント様よりお話をお聞きしました。

1時間のカウンセリングでは出来事の把握や友達同士の会話とほとんど変わらないでしょう。

ですから、当研究室では集中的に一気に数時間行います。平均2日で解消して終了です。

他社のほとんどのカウンセリングでは、問題の発見、本質や解消は1時間では無理です。
しかし、クライアントは慣れてないので、僅か1時間のカウンセリングでも、その前日から緊張したり、準備から、、、帰宅するだけでも時間もエネルギーも使います。またたった1時間、2時間では「前回どこまで話したのかな?今日はどんな話をするのか?」
などカウンセリング受けても苦痛で遅々と進まなかったそうです

また、
「いつまで通う必要があるのか?毎回5千円のカウンセリングでも厳しい、どうしたらいいのか?」
「これまでお金を使ってヒーリングや遠隔、占い、催眠、カウンセリング、いろいろ試しましたが変わりません」
「本当に治るのかしら?怪しいところではないのか?」
「信頼できるのか?どんな資格を持ってる先生なのか?騙されるのでは?悪くなるのでは?どんな方法で?」、、、、、、
現在の悩みだけでなく、そのカウンセリングを受ける不安感、或は電話する以前に不安で電話すらできない方々と少なくないでしょう。

しかし、
当研究室では、平均2日前後の集中カウンセリングで問題の発見から正体を見破り、或は集中して右脳を使い一気に解消してきました。ですから、約9割の成功率ですからご安心ください。手法はその方の悩みや話をお聴きしながら必要な手法や技法を使います。大切なことはどのような資格や技法、手法であろうと、悩んでる苦しみを解消してあげれなければお金や時間の無駄です。

カウンセラーの肩書や名誉など重要なことではありません。大切なのは『結果』なのです。
『結果」が全てです。
『結果』が今より楽になりより自由な人生を歩めるようにしてあげることであり、苦しみの縛りを解いて解消する支援であり、

真のカウンセラーは私心を捨てて全身全霊で、任務遂行に徹すべきなのです。
そして必ず縁ある方を引き受けたからには良くするんだという使命感が重要です。
当研究室では日々に任務遂行であり、使命感のみが精神の中心にあり、不惜身命であります。
たとえ、世間がカラオケやお酒、ギャンブルなど娯楽など人生を楽しんでいても、そのような任務遂行と関係ないものは斬って捨てて諦めることと考えます。自制心を強化して、勇気ある行動できるカウンセラーであるべきと考えます。根底には愛です。多くの家庭問題には愛情不足等かあります。愛は全てを癒します。

オープンハート研究室
カウンセリングの任務
今ある悪質な縛りや固定観念、、などを解消する支援を行い
より自由ある人生
より希望を
より行動できる人生
より健康な人生へを
料金↓
https://okinawajapan.org/blog-entry-1.html