自殺日報・「いきなり自殺日和」になる危険性 2


全て記事はこちらをクリック
20200114202951783.jpg

「薬」という言葉は略語。
毒薬を売るためには洗脳が必要なので、
「毒薬」の略語が「薬」

「副作用」は造語。自殺の副作用ではなく、「自殺の作用」があるのです。
「自殺に効果があります」って本当の事を言ったら儲けないでしょう。

精神化医は親に対して次のような事は言いません
『子供は処方された薬を取っただけで死ぬことがある。また、子供が薬物乱用者になる確率は通常の倍であり、子供の3分の1は、最初の1年以内に強迫的、衝動的な行動を取るようになる』

「ADHDの薬であるビバンセっ覚醒剤薬で「ハイなた気分になり」、その後必ず疲労感、憂うつ感、注意力の低下という虚脱症状を引き起こし、またビバンセを摂ると「最高に良い気分になり」、翌日には虚脱と疲労の状態に変わる

他の性質薬も「薬が切れた後は、いつも無気力状態に陥る」、、、なんて言うと売れなくなり儲けれないからね

大切なのは、あなたの身体の健康ではなく、金、金、マネー、金です。それが薬の売人の仕事


逆流性食道炎になると、食道を胃酸で保護する薬と賞して、売人らは白い液体のボトルを渡しました。
毎食前に飲まされていた白い液体のボトルを見ると、なんと成分はアルミニウムでした。
胃を保護する代わりに、脳は破壊する。

医師に相談すると少しなら良いでしょう。「30年も飲むなら害がありますが、そこまで飲まないので飲んでも大丈夫ですよ」と優しい言葉を掛けてくれました。

翻訳すると
「少しなら頭を破壊しても、代わりに食道が保護されるならぶつぶつ言わずに飲めよ!」となります。

2020011215572077c.jpg
ほとんどの薬物製造工場では、
「1ヶ所の症状が少しでも抑えられたら、他悪化しようが我々の知った事でない!脳が破壊されようが、自殺しようがそんなのどうでも良い!」
という基本原理があるのではないでしょうか?

だから、精神医学の定義からしても、精神医学は治すところではない。支配と服従であり、薬を飲んで脳を麻痺させたり、破壊したりして、大人しくする人間達を増やすのが任務になります。
少しだけでも精神医学の歴史を知れば納得するでしょう。

その精神医学の続きは未だに日本でも行われています。
【自殺日報・「いきなり自殺日和」になる危険性】の続きになります。

202001121627467e9.jpg
ありがとうございます。このような皆様の正直な自殺日報告白がお役にたってます

202001121629299ca.jpg
依存性で苦しむか?それとも断薬で脱出するか?常に最終の選択は本人の決断です

20200112163444035.png
自殺を繰り返す苦しみより、断薬での苦しみが希望がある。子供にだけは飲ませてはなりません。そもそもADHDという造語はDSMの連中が作った病気。



20200112163905c7e.jpg
パキシルも毒です。
毒は緊急性の時に必要な毒もありますが、基本は脳を破壊する事に代わりはありません。
脳を破壊するとは人生をめちゃくちゃにします。

202001121645095b4.jpg
そうそう、アメリカの学校で起きた銃撃事件の犯人はみんな薬物してます。アメリカの薬物汚染は日本に流れています。毒の在庫処分は日本人の子供立ちに委託されてます(>_<)

20200112164856a78.jpg
はい。女性の妊娠の時の危険性を【できちゃった妊娠】で伝えました。コンサータも脳を破壊して依存性で大変な事に、、

202001121651363d3.jpg
自殺の理由はなくても、自殺の原因は毒薬です。【いきなり自殺日和】ってタイトルは冗談ではなかったのです。
20200112165432917.jpg
人間アポトーシスが、精神化の全ての薬です。脳をいじる手法で治せるとは思えません。心の問題は、脳が原因ではないのです。セロトニンも科学的根拠はないのです。心の問題が脳が原因とする科学的根拠があれば教えて欲しいです。
薬で本当に治った方がいましたらその本人から聞きたいです。本人の別の血からで治ったのではないですか?

20200112165847f77.jpg
休薬日ではなく、断薬です。睡眠薬も治るものではなく、毒で麻痺させて昏睡の手前にするのでしょう?
2020011217003072e.jpg
死にたくなる薬にはデメリットしかない。薬の売人は自殺すると知りながら販売してる確信犯です。薬は博打ではありません。薬で自殺するかしないかに賭け事はやめてください

20200112170254038.jpg
薬で「死にたくなる」と認識してる人はまだ良いですが、児童は認識できませんから、、危険です。皆様もこれらの自殺日報が冗談ではなく、事実なのです。こんな精神医学は要らないんじゃないですか?死ぬと知りながら販売する医死や薬罪死は信じられますか?
2020011217073100c.jpg
幼い娘は親の責任です。毒薬を他の毒薬に変更しても毒薬であることにほかなりません。農薬をメイクマンから購入して、薄めたら、それが精神薬です。そんなの飲めないし飲ませたら死ぬのは当たり前です。薄い農薬=精神薬?
このブログの内容を簡単に信じないでください。
鵜呑みにせずに、あなた自身で調べてください。
このブログだけでなく、心の病は作られたものなのか?あなた自身で調べてください。
「心の病」はこうして作られた―精神医学「抑圧」の歴史

20200112171326aca.jpg
それを云っても薬の売人らは、他の薬物に変更するのが落ちです。断薬を進める希少な医師を探してください。相談しなくても結論は断薬しかないではないですか?なぜなら、原因は薬の成分の不足ではないからです。
20200112171659fda.jpg

皆様、これだけ、ツイッターだけでストラテラ。薬の自殺日報があるのです。他の薬もどれだけ危険性があるか伝えたいのですが、これだけ読むだけでも気分の良いものではなあのです。
もっと驚いてください!
これは日本で合法殺人が毎日起きてるのです。
許されない事です。だから、個人的にはこんな内容はリスクとデメリットしかないにも関わらず、当ブログでは伝えてますが、本当に嫌です。良いことを伝えたいのですが、薬物や精神化の闇を、誰もが放置してるので使命で伝えてるのですが、削除するかもしれません。
本当に疲れます

20200112172247039.jpg
ここに断薬の恐ろしさがあります。薬が切れると死にたくなるような薬を販売してるのです。断薬も命懸けです。
どうか自殺日和を伝えてくれた皆様は絶対に断薬して薬漬けにならなかった日々を思い出して、人生を取り戻してください。

どうか、原因は薬の成分が足りないのでもなく、
脳原因主義者らの洗脳から目覚めてください。

どうか、心の問題は心を処理することが一番の王道だと認識されて、それを処理してください。


どうか、子供達にはADHDなどの病気のレッテルをはらさないように、カウンセラーの分析を拒否して、精神化に関わらないでください。

睡眠薬も鎮痛剤もうつの薬も毒なのです。
毒は脳を蝕んでいきます。もちろん例えば激しい咳で苦しくてあぶない場合は、咳止めの毒でも飲んで止めることはやむを得ない場合もあります、

眠れなくて死ぬことはないにしても、苦しくて苦しくて危険な場合は、睡眠薬も必要な場合はあるでしょう。

安定剤もやむを得ない場合はあるでしょう。

しかし、毒で脳を蝕んでることと脳を破壊してることを認識して、やむを得ないですが、苦しみの危険性を回避して防衛する場合もあるでしょう

しかし、それが日常的になってはなりません。

この分析の内容を鵜呑みにせずに、簡単には全てを信じないで調べてください。ここに記載されてるのが必ずしも全て正しいのではなく、間違いもあるはすです。

あなたの心と身体とあなたの子供を守るのは最終的にはあなた自身の選択と決断です。

断薬と簡単ではないのも事実でしょう。
断薬が大変で苦しいのも事実でしょう。


しかし、薬物という毒を飲み続けて本当良くなりますか?
原因は脳ですか?

考えてください

破壊されてからは元に戻せない手遅れでは後悔しても遅いです。

身体を破壊したことには浄化してください。

心を処理してください、

未解決の問題は、心に影響し続けます。

ツイッターの皆様の正直なツイートが多くの生命を守る支援をしてくれた事にこころから感謝します。



本当ありがとうございます。

皆様の健康を願い祈ります。

ありがとうございます
15755968730.jpeg



20200112212336f59.jpg
20200112212336f59.jpg

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

オープンハート研究室

オープンハート研究室の使命

・心と身体の研究
・心と身体の健康
・潜在意識と表面意識の研究
・心理カウンセリング技法の開発
・カウンセリング支援
・実践カウンセラーを目指す方への教育
・自衛隊・海上保安官・警察官・教育関係機関へのボランティア支援
・災害時のトラウマ解消支援
・その他 ボランティア活動
プロフィール・料金

成功率約9割ですから他のカウンセリングと一線を画しています
その方に応じた技法・手法でカウンセリングします

当研究室に縁がある以前に、他社のカウンセリングでを受けた方もたまにいます。他社のカウンセリングでは、「カウンセリングで30分とか1時間とかのような短時間でカウンセリングを受けたことがあります。何も変わりません」とか
「話を聞いてもらえたのでその時は気分は悪くないのですが、翌日は今までと同じ症状」とかクライアント様よりお話をお聞きしました。

1時間のカウンセリングでは出来事の把握や友達同士の会話とほとんど変わらないでしょう。

ですから、当研究室では集中的に一気に数時間行います。平均2日で解消して終了です。

他社のほとんどのカウンセリングでは、問題の発見、本質や解消は1時間では無理です。
しかし、クライアントは慣れてないので、僅か1時間のカウンセリングでも、その前日から緊張したり、準備から、、、帰宅するだけでも時間もエネルギーも使います。またたった1時間、2時間では「前回どこまで話したのかな?今日はどんな話をするのか?」
などカウンセリング受けても苦痛で遅々と進まなかったそうです

また、
「いつまで通う必要があるのか?毎回5千円のカウンセリングでも厳しい、どうしたらいいのか?」
「これまでお金を使ってヒーリングや遠隔、占い、催眠、カウンセリング、いろいろ試しましたが変わりません」
「本当に治るのかしら?怪しいところではないのか?」
「信頼できるのか?どんな資格を持ってる先生なのか?騙されるのでは?悪くなるのでは?どんな方法で?」、、、、、、
現在の悩みだけでなく、そのカウンセリングを受ける不安感、或は電話する以前に不安で電話すらできない方々と少なくないでしょう。

しかし、
当研究室では、平均2日前後の集中カウンセリングで問題の発見から正体を見破り、或は集中して右脳を使い一気に解消してきました。ですから、約9割の成功率ですからご安心ください。手法はその方の悩みや話をお聴きしながら必要な手法や技法を使います。大切なことはどのような資格や技法、手法であろうと、悩んでる苦しみを解消してあげれなければお金や時間の無駄です。

カウンセラーの肩書や名誉など重要なことではありません。大切なのは『結果』なのです。
『結果」が全てです。
『結果』が今より楽になりより自由な人生を歩めるようにしてあげることであり、苦しみの縛りを解いて解消する支援であり、

真のカウンセラーは私心を捨てて全身全霊で、任務遂行に徹すべきなのです。
そして必ず縁ある方を引き受けたからには良くするんだという使命感が重要です。
当研究室では日々に任務遂行であり、使命感のみが精神の中心にあり、不惜身命であります。
たとえ、世間がカラオケやお酒、ギャンブルなど娯楽など人生を楽しんでいても、そのような任務遂行と関係ないものは斬って捨てて諦めることと考えます。自制心を強化して、勇気ある行動できるカウンセラーであるべきと考えます。根底には愛です。多くの家庭問題には愛情不足等かあります。愛は全てを癒します。

オープンハート研究室
カウンセリングの任務
今ある悪質な縛りや固定観念、、などを解消する支援を行い
より自由ある人生
より希望を
より行動できる人生
より健康な人生へを
料金↓
https://okinawajapan.org/blog-entry-1.html